Monthly Archives: March 2008

発声を良くするには息を吐く力をつける

ボイストレーニングの基礎として私がお勧めするのが、「息を吐く力をつける」という方法です。なぜ、息を吐く力が要求されるのかといいますと、歌は音域よりも声量の方が大事だからです。これは一概にはいえませんが、特に歌があまりうまくない初心者の段階では、歌をうまく歌う時に音程で歌をコントロールするのではなく、声量でコントロールしたほうがうまくいき、更に上手に聴こえるのです。

なぜ、その方がうまくコントロールできるのかと言いますと、実際に歌を歌うと分かると思いますが、声量は簡単に誰でもコントロール出来ますが、音程の方はなかなかうまくコントロール出来ないと感じるはずです。実際に声量で歌をコントロールするのはどのような事なのかといいますと、低音域は小さめの声で、高音域は声量を増やし大きめの声を出すという事を行います。これにより、歌にメリハリが出て、例え高音がしっかり出ていなくてもそれなりに上手に聴こえるのです。

その声量の鍛え方ですが、単純に声をしっかりと出し続けるというトレーニングを行います。足は肩幅よりちょっと広い程度に開き体はリラックスします。更に背筋は適度に伸ばし、頭のてっぺんから糸で吊るされているような感覚で立ちます。

次に、目の前に指を一本立て、その指の先に火がともっていて、その火を消すつもりで息を吹きかけます。距離は最初は30cm位から始め、最後は腕を伸ばしきった距離で行います。当然、火を消すので口元はとがったような感じで息を吐きます。

この息を吐くという行為を、最初は10秒間行い、少しずつ時間を伸ばして最後には30秒間吐きつづけられるようにします。更に、吐き方のコツとしては、口先だけで空気を吐くのではなく、体全体から空気を絞り出すようなイメージで行います。

以上がしっかりマスターされたのち、今度は口と喉を開き実際に歌を歌うような感じで息を吐き出します。今度は火を消すイメージではなく、ただ息を吐くという事に集中して行うようにします。時間はろうそく同様10秒から始め、最長30秒まで吐きつづけるようにします。

それが出来たら、今度は吐く息の強さをコントロール出来るようにします。最初は強く吐き、中盤以降は弱く一定に吐きつづけたり、最初は弱く一定に吐き、中盤以降は強くそして一定に吐くようなトレーニングを行います。

以上を全てマスターしたら、最後はペットボトルを咥えへこましたり、ふくらましたりするトレーニングを行います。これをしっかりと出来るようになれば、かなり吐く力は強くなっているはずです。吐く力が強くなれば、歌に幅が出て上手に聴こえるようになります。

ボイストレーニングで重要な腹式呼吸

ボイストレーニングは、正しく、大きな、美しい声を出すために行われるトレーニングのことです。
主に良く知られているのは、歌手や舞台俳優などの、大きな声を長時間、表現力豊かに出す必要がある人が、普段の練習の一環として行うことで知られています。また、俳優や、アナウンサーなど、声を出すことを職業としている方も、歌唱とは異なるタイプのボイストレーニングを行うことがあります。ちょっと変わったケースでは、民謡や、伝統芸能のための独特の謡のために、節回しを美しく確実に行うための、特殊なボイストレーニングをするときもあります。

総じて、声を出す人が、正確な発音や、発声、長時間の歌唱、朗読、セリフ回しなどのために行うトレーニングであると考えてよいでしょう。

ボイストレーニングというと、なんとなく、「のどの鍛錬」というイメージを持たれておられることが多いのですが、実は、声を出すときに、喉の果たす役割は、必ずしも、「大きな声」にはつながっていません。確かに、喉は発声器と言われるように、声を出すための機関ではありますが、むしろ、大きな声尾を出そうとして、喉に無理な力をかけると、かえって声帯を傷めて結果になったり、聞きづらい汚い声になってしまうことが多いのです。また、そのような発声方法で長時間声を出すと、体も非常に疲れてしまい、悪くすると翌日には声枯れと倦怠感でグッタリ、といった状況になります。

なぜかというと、声というものは、声帯のふるえによって発生しているものですが、声を増幅させたり、声を、よりボリューム豊かに、体に負担を小さくして出させるためには、それに見合った、適切な呼吸ができることが非常に重要だからです。

特に、歌唱や舞台俳優が声を出す、というときには、大きくはっきりと聞こえる声を出す必要があります。大きな声を、長く延ばして出すような場合、必然的に、その瞬間は「息を吸う」ということはできず、息を吐き続ける状態になります。この時、上手な呼吸ができていないと、声を伸ばすことはできませんし、無理して伸ばせば、声が途切れ、それでも声を出し続けると、酸欠状態になることにつながります。

このような発声のためには、一瞬で、たくさんの息を貯めこみ、更に、良い姿勢が保てる腹式呼吸が正しくできていることが重要なのです。

一般に、男性は腹式呼吸ですが、女性は胸式が大部分で意識して複式に切り替える必要があります。
声を出すには、胸式よりも多くの空気を効率よく吸い込めて、かつ、姿勢に影響を与えない腹式呼吸の方が、メリットが大きいのです。

初心者でも簡単なボイストレーニング

みんなとカラオケに行って、好きな曲を熱唱したい!彼女の前でバラードをしっとり歌い上げたい!と思っていても自分の歌声に自信がないとなかなか思いっきり行動できません。
でも、ボイストレーニングをすれば、確実に上達しますし、自信をつけることができます。
ボイストレーニングと聞くと、歌手がやっているような本格的なものを思い浮かべるかもしれませんが、実は自宅で出来る方法がいろいろとあります。

まず、このボイストレーニングとは何のためのものなのかを知っておく必要があります。
多くの人はボイストレーニングと聞くとまっさきに歌手のために声帯を鍛えたり、高い音を出せるようにするためのものと考えられがちです。
しかし実際には、呼吸法であったり、歌う時の姿勢、立ち方といった、さまざまな事を包含しています。
ですから、ボイストレーニングの中で、自宅で出来るものがもちろんあり、その中から、自分にあったものを訓練していけば、カラオケなどでうまく歌うことは可能です。

ではどんな方法があるのか幾つか自宅で出来る方法をお伝えします。

・正しい呼吸法を身に付ける。
これは基本中の基本ですが、実は多くの人が出来ていません。ただ、簡単に身に付けることができるので、ぜひ試してみてください。

普段意識せずに呼吸していると、大抵の人は肺で呼吸しています。
その状態から、お腹まで空気を入れて、お腹から息を吐くように意識します。
これを、意識せずにできるようになるほど行ってみましょう。
同時に、お腹に入れた空気を一気に吐いたり、徐々にゆっくり吐いたりしながら、この呼吸法に慣れましょう。
ここでやっているのは、まだ腹式呼吸ではないので誤解しないようにしてください。

この、呼吸法をしやすくするために、大切なのは正しい姿勢・正しい立ち方を身に付けることです。
どのような姿勢かというと、まずリラックスして、首がゆったりしているかどうかを意識しましょう。首が緊張して硬くなっていると、声帯から良い音を出すことができません。

自宅で出来る別の方法としてよく言われるのは、耳の訓練をすることです。
正確な音程を発声することができるかも、歌がうまいか下手かの判断基準になります。
ですから、何度も何度も同じ曲をしつこいほど聞いて、自分の声を自分で意識的に聞いて、音程があっているかどうかを見極めるようにしましょう。
それができるようになると、正しい音程を発声することができます。

自宅でボイストレーニングをやってみる際には、まず、正しい首がリラックスした状態で呼吸法の訓練をして、音程をしっかり把握できるようになったら、通る声で歌うことができるようになるでしょう。

リズム感を養う方法とは

歌をうまく歌いたいとき、声の音量が充分でも音程が取れていないと、歌を綺麗に歌い上げることは困難になります。
歌を綺麗に歌いたいと思った時には、リズム感のトレーニングを行う必要があるのです。

リズム感を養っておけば、難しい音程の歌でもスムーズに歌い上げることができますね。
特に最近の歌は、音程がよく変わったり、リズム感を必要とするものも多くなっていますので、リズム感を養うトレーニングを行うことで最新の曲もプロ並みに歌うこともできるようになるでしょう。

まずリズム感を養うためには、楽器を積極的にトレーニングに取り入れてみるのがお勧めです。
楽器はどの音程も正確にでますので、その音に合わせて声を出すことで、正しい音域を出すことが可能になるのです。

このトレーニングを積むことにより、最初は楽器の音と合わすことができなかった自分の声も、自然のうちに正確な音域で出すことが可能になるでしょう。

ただ、家に楽器がないという方の場合には、音楽に合わせて歌うことでリズム感を身に着けることも可能です。

誰にでも好きな音楽が必ずあると思います。
その音楽を聴いているだけではなく、一緒に歌うことで、正しい音域を身に着けることも可能になるのです。
好きな音楽が難易度の高いものだった場合には、童謡など音域の限られた易しい音楽で練習してみるのもお勧めですよ。

また、音楽を聴くことが好きな方は、流し聴きするのではなく一つ一つの音に集中して聞いてみるのも効果的です。
流し聴きしていると、どうしてもその音を感じることは難しくなってしまいますね。
しっかりと一つ一つの音に集中して聴くことにより、音域に対しての感性を磨くことができるようになるのです。
また、ただ聞いているだけではなく、その音に合わせて踊ってみたり手を叩いてリズムをとってみるのもお勧めです。

踊ったり手を叩くと体がリズム感を覚えますね。
そのため、正しいタイミングで歌を歌うことができるようになるのです。

このようにリズム感は、音楽とのかかわり方を変えるだけで気軽に養うことができます。
ただしリズム感を養っても、腹式呼吸ができていないと正しい音程で声を出すことはできません。
正しい音程がとれるように、リズム感とともに歌を歌いあげる時の基礎となる腹筋を鍛えること、息の吐き出し方を身に着けることも大切になってきます。

リズム感を身につけたいと思った時には、このような方法を取り入れてレッスンを行ってみるとよいでしょう。

自宅で出来る腹式呼吸

歌手だけでなく、一般人でも歌のうまい人は腹式呼吸がしっかりできていると言われています。
これができれば、身近なところではカラオケに行って人気者になれること間違いなしです。

腹式呼吸ができていると、どんな利点があるでしょうか。
腹式呼吸を身に付けることの最大の魅力は、空気をより多く肺に取り入れられることができるため、歌う時により大きさな声で歌ったり、息が長く続くので長いフレーズでも、途中で息が切れずに歌い切ることができます。
声が大きくなるというのは、叫ぶように歌うのではなく、言葉一つ一つがはっきりと伝わりやすくなるというような感じです。それによって曲の中で強弱がつけやすくなり魅力的な歌を披露することができるようになります。

ではこの腹式呼吸はどのようにしたら身につけることができるのでしょうか。

自分が腹式呼吸を出来ているか、出来ていないかはどうすれば分かるでしょうか。
一番自分で判断できる方法は、腹式呼吸している時に丹田を見るということです。
丹田とはだいたいですが、へその5cmほど下のところの部分のことです。
腹式呼吸をして、この部分が動いていたら、できているということになります。
では、まだ腹式呼吸が出来ていなかった場合はどうしたら良いでしょうか。
その時も丹田を意識してそこが動くように意識して呼吸します。
具体的にどうするかというと、まず丹田から声が出てくるというイメージを描きます。口からじゃなく、このお腹の底から出すんだ、ここから息を送って声が出るんだ、そういったようなイメージをすることがまず大切です。

次に実際に丹田の部分を凹ませていき、お腹にある空気をまずいったん外に吐きだすようにします。現実的にすべては不可能なので、自分のできる最大限の範囲で問題ありません。
この時の注意事項は、鼻から吸いこみ、口から吐くということを覚えておきましょう。逆であると効果が薄くなってしまいます。

今、お腹が凹んだ状態です。そこから今度は息を吸い込んでもとの状態に戻します。
この時も、丹田にまず空気を送り込むようなイメージを描きながら行うことが良いでしょう。そして、吸い込む速度もゆっくりゆっくり吸い込んで十分に空気を取り込みましょう。

この呼吸法を何度も繰り返して行きます。
確実に腹式呼吸を身に付けるために、鏡を見てやることができます。
胸や肩が動かずに、丹田の周りだけが動いていれば腹式呼吸を身に付けることができたと言えるでしょう。

発声には基本的な筋トレを意識し吐く息を意識しましょう。

そもそも、声を出す方法は声帯を行きで振動させて音をだすだけの簡単なことです。
その振動が早いのであれば高く遅ければ低く響きます。そして大きいのであれば強く小さければ弱い小さな音として響きます。
人は無意識の内にこの低い、高い、大きい、小さい声を使い分けています。
歌を歌うときにこの簡単な作業をコントロールしてあげる事で体の中から楽器を奏でるような声を出すことができます。
それがボイストレーニングなのです。

ではどうすればうまくそれをコントロール出来るようになるのでしょうか。
簡単な話、神経と司令を受けて動く筋肉をしっかり鍛えることが一番のボイストレーニングの近道になると思います。
主に、腹筋、背筋、首、肩などの筋肉の働きがボイストレーニングを鍛えた発声に大変必要なものになります。

声帯を上手に振動させることで音程を取ったり音量を調整したりもできないのでしっかりコントロールしましょう。
また声帯を振動させるための息ですが出す量、スピードの調整がとても大事になります。
低い音から高い音まで綺麗に響かせることが出来ないからです。
更に喉の中の空間の広さも声の音質に関わります。これは大きな個性になりますね。
母音の響きの違いを把握しながらのボイストレーニングにも注意しましょう。
少し難しく書いたかも知れませんが発声はあくまでも声のコントロールであり鍛えることです。
そんな大変なことではありません。自由自在に声をコントロールしようと思うと簡単ではありませんが
しっかりとしたステップアップのボイストレーニングで必要な神経と筋肉を作ることができます。

声には地声、裏声とあります。人によって持っている音域が低めの人、高めの人と様々です。その音域も低い方は
難しいですが高い方はボイストレーニングによって伸ばしてあげる事が可能です。
高い声を出そうとした瞬間、神経が筋肉を縮めてしまい自分で首を締めた状態になってしまうことがよくあります。
これはとても苦しい発声です。これは発声をコントロールできていない状態になっています。
無理に怒鳴っているのと同じで声帯を傷付けてしまう恐れがあります。
歌う時の呼吸は息をはく時の方が圧倒的に重要になります。吸う息は意識をしなくていいくらいですね。
吸う時を意識し過ぎると余計な筋肉を使わせて疲れさせてしまいます。肺にしっかりと空気を入れるためにもはく時の腹筋の使い方にポイントをおいてください。この腹筋の力で息の量やスピードを調整するのでとても大切です。
短い発声のスタッカート、一息に長く出すロングトーンの時も共に腹筋はしっかり鍛えておいたほうが上手く働くようになってより安定した発声が出来るようになります。