リズム感を養う方法とは

歌をうまく歌いたいとき、声の音量が充分でも音程が取れていないと、歌を綺麗に歌い上げることは困難になります。
歌を綺麗に歌いたいと思った時には、リズム感のトレーニングを行う必要があるのです。

リズム感を養っておけば、難しい音程の歌でもスムーズに歌い上げることができますね。
特に最近の歌は、音程がよく変わったり、リズム感を必要とするものも多くなっていますので、リズム感を養うトレーニングを行うことで最新の曲もプロ並みに歌うこともできるようになるでしょう。

まずリズム感を養うためには、楽器を積極的にトレーニングに取り入れてみるのがお勧めです。
楽器はどの音程も正確にでますので、その音に合わせて声を出すことで、正しい音域を出すことが可能になるのです。

このトレーニングを積むことにより、最初は楽器の音と合わすことができなかった自分の声も、自然のうちに正確な音域で出すことが可能になるでしょう。

ただ、家に楽器がないという方の場合には、音楽に合わせて歌うことでリズム感を身に着けることも可能です。

誰にでも好きな音楽が必ずあると思います。
その音楽を聴いているだけではなく、一緒に歌うことで、正しい音域を身に着けることも可能になるのです。
好きな音楽が難易度の高いものだった場合には、童謡など音域の限られた易しい音楽で練習してみるのもお勧めですよ。

また、音楽を聴くことが好きな方は、流し聴きするのではなく一つ一つの音に集中して聞いてみるのも効果的です。
流し聴きしていると、どうしてもその音を感じることは難しくなってしまいますね。
しっかりと一つ一つの音に集中して聴くことにより、音域に対しての感性を磨くことができるようになるのです。
また、ただ聞いているだけではなく、その音に合わせて踊ってみたり手を叩いてリズムをとってみるのもお勧めです。

踊ったり手を叩くと体がリズム感を覚えますね。
そのため、正しいタイミングで歌を歌うことができるようになるのです。

このようにリズム感は、音楽とのかかわり方を変えるだけで気軽に養うことができます。
ただしリズム感を養っても、腹式呼吸ができていないと正しい音程で声を出すことはできません。
正しい音程がとれるように、リズム感とともに歌を歌いあげる時の基礎となる腹筋を鍛えること、息の吐き出し方を身に着けることも大切になってきます。

リズム感を身につけたいと思った時には、このような方法を取り入れてレッスンを行ってみるとよいでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s