発声には基本的な筋トレを意識し吐く息を意識しましょう。

そもそも、声を出す方法は声帯を行きで振動させて音をだすだけの簡単なことです。
その振動が早いのであれば高く遅ければ低く響きます。そして大きいのであれば強く小さければ弱い小さな音として響きます。
人は無意識の内にこの低い、高い、大きい、小さい声を使い分けています。
歌を歌うときにこの簡単な作業をコントロールしてあげる事で体の中から楽器を奏でるような声を出すことができます。
それがボイストレーニングなのです。

ではどうすればうまくそれをコントロール出来るようになるのでしょうか。
簡単な話、神経と司令を受けて動く筋肉をしっかり鍛えることが一番のボイストレーニングの近道になると思います。
主に、腹筋、背筋、首、肩などの筋肉の働きがボイストレーニングを鍛えた発声に大変必要なものになります。

声帯を上手に振動させることで音程を取ったり音量を調整したりもできないのでしっかりコントロールしましょう。
また声帯を振動させるための息ですが出す量、スピードの調整がとても大事になります。
低い音から高い音まで綺麗に響かせることが出来ないからです。
更に喉の中の空間の広さも声の音質に関わります。これは大きな個性になりますね。
母音の響きの違いを把握しながらのボイストレーニングにも注意しましょう。
少し難しく書いたかも知れませんが発声はあくまでも声のコントロールであり鍛えることです。
そんな大変なことではありません。自由自在に声をコントロールしようと思うと簡単ではありませんが
しっかりとしたステップアップのボイストレーニングで必要な神経と筋肉を作ることができます。

声には地声、裏声とあります。人によって持っている音域が低めの人、高めの人と様々です。その音域も低い方は
難しいですが高い方はボイストレーニングによって伸ばしてあげる事が可能です。
高い声を出そうとした瞬間、神経が筋肉を縮めてしまい自分で首を締めた状態になってしまうことがよくあります。
これはとても苦しい発声です。これは発声をコントロールできていない状態になっています。
無理に怒鳴っているのと同じで声帯を傷付けてしまう恐れがあります。
歌う時の呼吸は息をはく時の方が圧倒的に重要になります。吸う息は意識をしなくていいくらいですね。
吸う時を意識し過ぎると余計な筋肉を使わせて疲れさせてしまいます。肺にしっかりと空気を入れるためにもはく時の腹筋の使い方にポイントをおいてください。この腹筋の力で息の量やスピードを調整するのでとても大切です。
短い発声のスタッカート、一息に長く出すロングトーンの時も共に腹筋はしっかり鍛えておいたほうが上手く働くようになってより安定した発声が出来るようになります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s