歌う時の高いテクニックを身につけよう!

歌がそこそこうまい人にはそれ以上うまくなりたいという欲が出てきますね。そこでしっかりとしたテクニックをマスターすることでワンランク上の歌唱力を身に付けましょう。
ボイストレーニングでも多く使われるのはビブラートを使う歌い方です。ビブラートは音を伸ばす箇所で声を効果的に震わせる技術になります。音楽により豊かな響きを与え多彩な感情表現にはなくてはならないものです。ビブラートを綺麗にかけることで上達度はかなりアップします。ビブラートをうまくかけるためにはまず声が全く震えないで伸ばせることが必要です。声が震えないと言うことは息と声帯がしっかりとコントロールされている状態でなければいけません。息と声帯を思うようにコントロール出来るようになって初めて綺麗なビブラートになります。練習法は大きく息を吸って横隔膜を動かし方を確認してから「あ~」と発声します。あばらの下辺りを手でリズムに合わせてグイグイ押すかゆするとビブラートの様に聞こえます。その時に注意するのは息の量を手に合わせ加減しないで息はいつもたっぷりと使うようにします。慣れてくると手で押すのを少なくして息だけで出来るようになります。最初は大きくゆったりとした早さで音程を揺らして出来るようになってくれば段々小刻みにしていくといいでしょう。横隔膜を使う感覚が分かって来たら横隔膜で下側を叩くようにします。そうすることで良く響きのビブラートがかかるようになります。ビブラートは出来るまで時間がかかりますが何度も練習していると必ず出来るようになります。

そして、またワンランクアップの鍵、それはミックスボイスです。ミックスボイスとは裏声と地声の混ざった中間の声です。ミックスボイスを使うことで地声から裏声に自然に移行するのでとても上手く聞こえます。ミックスボイスを身に付けるには低い地声と高い裏声を交互に切り替えて出すことから練習します。まずは低い声で「うっ」と高い声で「ヒュー」と発音します。それを繰り返しながらキーを上げていきます。そうすると自然に「ヒュー」の所で裏声が出るようになります。
これをマスターするには地声と裏声を鍛える必要がありますが、何度も練習することで普段の地声で出なかった様な高音も出せるようになります。もし上手くいかなかった時はまた低い所から声を上げて行きましょう。歌の中でも瞬間的に高音を出したり段々と声を高くして自然に裏声に切替えたりとミックスボイスを活用する機会は意外に多いものですからぜひチャレンジしてほしいです。

ビブラート、ミックスボイスどちらも高度な技ですが身に付けるとかなりの歌うまになれるので頑張って練習してみてください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s