ボイストレーニング

私は詩吟や朗詠をやるようになってから、ボイストレーニングの大切さに気付かされました。普段からカラオケが好きで、歌はうまい方だと思っていたのですが、いざ詩吟や朗詠をしてみると「腹から声をだす」というのができませんでした。先輩方は普段しゃべっているのとは全く別物の、重くよく通る声で歌っていました。聞いている側の肺腑に沁みるような歌声だったのです。
「腹から声をだす」ことを練習する際、最初に「喉で歌うんじゃない、腹で歌うんだ」と言われました。それが自然とできるようになった今でも、このイメージは持っています。喉から出す声は普段しゃべっている声で、腹から出る声は腹式呼吸により発する声です。喉から出る声は軽く上ずっているのに対し、腹から出す声は重く地を這わせつつ千里の彼方までまっすぐに声が通る感覚です。
この違いを実感するために実験をしてみましょう。立って肩幅に足を開き、歌います。そして歌っている途中に人から押されたりという強めの刺激を与えてもらいます。喉で歌っている時は、外部からの刺激に影響されて、すぐに歌声が乱れてしまうことでしょう。歌声が軽いからです。しかし腹で歌っている時は、歌声が乱れることはありません。歌声が重いからです。
「腹で歌う」「腹から声を出す」ことのイメージはおよそこのようなものです。
練習方法ですが、基礎となるものは呼吸法にあります。腹式呼吸がしっかりと出来なければなりません。
日常生活で呼吸をする時、肺の一部にしか空気は入っていません。目一杯空気を肺に入れると言うことがいい練習になるのです。
この時の注意は、ゆっくり吸ってゆっくり吐くことです。馴れないうちは5秒で吸って、5秒停めて、5秒で吐くということを10分間くらい繰り返すのです。ただ吸って吐くだけではなく、数秒間息を停めると言うことが非常に
大切です。この停めている間に、グッグッと臍下丹田(臍下三センチあたり)に吸った空気を押し込めるようなイメージを持ってください。そして腹の底から吐くのです。これを繰り返します。馴れてきたら5秒を10秒に、10秒を20秒にと増やしていきます。これを毎日続けて下さい。
毎日続けていると、空気を深く吸い込み、腹の底から吐くという感覚がつかめてきます。それと同時に、空気を吸って腹に落とし込み、腹の底から声を発するという感覚もつかめるようになってきます。
また多くの人がやっていない練習法ですが、私は独自の練習法として、御経や祝詞を読むことで腹式呼吸の練習をしました。御経や祝詞というのは重く唱えるものですから、自然と喉からではなく腹から声が出てきます。これもまた興味のある方は練習方法として取り入れてみるとよいでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s