歌が上手になるのに一番重要なのは声帯周辺の柔軟性だった

歌がうまくなるのに重要なのは声量や音程など様々な要素がありますが、何よりも重要な要素とされているのが「声帯周辺の筋肉の柔軟さ」です。この声帯周辺の筋肉が柔軟じゃないと、カラオケなどに行った時に、本来の声が出るまで時間がかかったり、自分の理想の声が出たと思ったらすぐにかすれたりのどが疲れてしまったりします。又、カラオケが上手じゃなくて、いくら練習しても音程が不安定で、どの音で歌ったらいいか迷ってしまう方や、音質が硬く聞いていて気持ち良くないといったケースの方も、声帯周辺の筋肉が凝り固まっている事が原因になっていることが多いです。

なので、歌がうまくなりたくて一生懸命声量アップなどの練習をするのもいいことですが、手っ取り早くカラオケなどでうまく歌いたいという方は、声帯周辺の筋肉の凝りをほぐす事を第一に行うべきだと思います。

その声帯周辺の筋肉をほぐす方法ですが、その方法としてお勧めなのが「裏声」で歌を歌うという方法です。裏声とは完全に声が裏返っている高音の声のことをいいます。思いっきり高い声でキャーと言ってみて下さい。その声が裏声です。その裏声のまま歌を歌うのです。

その声のまま歌を歌ってみたら分かると思うのですが、のど周辺の筋肉が異常に緊張しているのが分かると思います。このように実際には声帯周辺の筋肉を緊張させないと、裏声は出ないものなのです。ではなぜ、このように緊張させている状態の裏声を出す事によって、声帯周辺の筋肉がほぐれるのかといいますと、皆さんも経験あるかと思いますが、運動をして体を動かすと血流が良くなり体が柔らかくなります。逆に何もしないで寝てばかりいると、筋肉や筋は硬直していくのです。このメカニズムにより、裏声を出し声帯周辺の筋肉を使う事により筋肉を柔らかく柔軟にすることが出来るのです。

更に、裏声を出すという事は、声帯が高音を出す事を覚えるという事になります。高音というのは一番声帯を酷使する発声なので、裏声を出すという事は声帯を鍛えるという事を意味するのです。これにより、声帯を自分が思うようにコントロールできるようになるので、歌が飛躍的に上手になるのです。

裏声による練習方法としては、単純に裏声のまま自分のうまくなりたいと思う歌を、最初から最後まで歌いきるという事を行います。この時にしっかりと裏声なりに音程を意識して、きっちり歌い上げるようにします。その時に意識して頂きたいのが、喉がしっかりと引き締まっているという事を意識して声を出すようにします。段々と音程が整ってくると、裏声が太くなり声量も出て、そのまま歌っても結構聞けるまでになります。是非練習してみて下さいませ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s