自宅で出来る腹式呼吸マスター法

人前で上手に歌が歌えたら、それだけで気持ちよく、ストレスが発散されるものです。
カラオケ上達法、ボイストレーニングと聞くと、高いお金を出し、時間をかけて習いに行くものだと考える人も多いかもしれませんが、私が声楽の先生に習った、自宅で出来る簡単な発声練習法があるのです。
まず、足を肩幅に開いて立ちます。
この時、立ち方を気にするあまり肩や腕に力が入ってしまってはいけません。
一旦、身体中の力をすべて抜いて、ダランとしてみてください。
そして、足の上に腰、腰の上にお腹と背中、その上に肩、そのまた上に頭、と意識しながら、まっすぐに立ってみてください。
これで、準備は整いました。
それでは、いよいよ発声です、となりそうなところですが、ここは一つ気分を変えて、発声ではなく、あくびをしてみてください。
えっ?と驚いてしまう人も多いでしょう。
さあ、あくびをしてみて、と言われて、すぐにあくびができますか?
意外と難しいということに気づくでしょう。
けれども、このあくびの呼吸法こそが、最もきれいな高い音が出る呼吸法なのです。
それでは、あくびの練習をしてみましょう。
あくびのとき、人は、まず大きく息を吸い、その後、ゆっくりと長く大きく吐き出しています。
それをイメージしながら、まずは大きく口を開け、あくびのつもりで大きく吸い込んでみてください。
ちゃんと意識できていれば、この息が、胸を通ってお腹や体全体にまでいきわたっている感じがつかめると思います。
そして、次は、ハフーとでも言いながら、あくびのように吐き出してください。
初めはハの形で大きく、途中からはフの形で長く吐いていきます。
うまく本物のあくびのようにできるように、役者にでもなったつもりで楽しんでやるのがいいでしょう。
意識的にあくびができるようになれば、これで呼吸法はマスターしたも同然です。
この呼吸法こそが、カラオケ上達法というと必ず語られる腹式呼吸です。
言葉で言われてもピンときませんが、あくびの呼吸と言われるとわかりやすいのではないでしょうか。
自由に、あくびを出せるようにまでなったなら、あとはあくびの吐くときに合わせて、大きな声を付けてみてください。
自分でも驚くほど、張りがあり、長く続く声が出せたのではないでしょうか。
だんだん慣れてきたら、吐くところをわざと小刻みに区切って、ハハハハハと声を出してみたり、短いあくびや長いあくびの練習をしてみるといいでしょう。
あくびで、腹式呼吸さえマスターできれば、今までの自分の歌声とは全く違う声量と声域に、自分自身びっくりしてしまうことでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s