カラオケ上達法について

最近、ストレス社会でそのイライラを一人カラオケで発散している方もいるのではないでしょうか?
ですがやっぱり楽しいのは友だちと行って、みんなに「歌うまいね!」と言われるのが一番のストレス解消ですよね?
ですが、「私はあまり歌がうまくないから…」と思っている方もいるでしょう。
そこで今回は即効性のあるカラオケ上達法をお教えしようと思います。
カラオケで点数を取るのに大事なのは、いかに本来の音とのズレを少なくするかなのですが、人が聴いてうまいと思うかどうかとは違ってきます。
人が聴いて「この人疑うまいな」と思うポイントにはいくつかあるのですが、その代表が『声の通り』です。
澄んだ声とも言いますが「この人の声はよく通る声だな」なんてことを、日常生活を送っていて聴いたことはあるのではないでしょうか?
人は澄んだ声を綺麗だと感じるのです。
しかし、澄んだ声を作ったり、維持するのはとても難しく、食生活、お腹周りの筋肉のトレーニング、ボイストレーニングなどやらなければいけないことが多々あってカラオケで歌うのにそこまでしてられません。
ですが、どんな人でも一時的に澄んだ声になれる方法があるのです。
それはリップロールと言い、知らない方には『くちびるブルブル体操』と言えばわかりやすいかもしれません。
この『くちびるブルブル体操』をやるとカラオケ1曲分くらいは誰でも澄んだ声になれるのです。
具体的にどうやるかですが、くちびるを前に突き出し、その状態を保ちながら息を吐いてくちびるをブルブル振動させるだけです。
そしてできれば、ただブルブルさせるのではなく、ブルブルしながら自分が次に歌う歌の歌詞を口ずさみながらするようにしてください。
これを1分間、できれば自分が歌う曲の秒数だけおこなってください。
「恥ずかしくてできない!」とお思いになる方もいるかもしれませんが、自分が曲を選んでいる時に一緒にやればいいのです。
この『くちびるブルブル体操』はまっすぐ前を向いた正しい姿勢でなくてもできるので、下を向いている時にやればまずバレません。
そして、くちびるがブルブルと振動する音も、友達の歌声や曲のメロディーで完全に聞こえなくなります。
効果に半信半疑な人はカラオケでやる前に、一度自宅でボイスレコーダーで普通の時の自分の歌声とくちびるブルブル体操をした後での自分の歌声を聴き比べてみてください。
全然違いますよ。
しかし多分、聴き比べなくても歌っている時点で自分でも喉のから出る声の通りがいつもと違うとわかるはずです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s