Monthly Archives: August 2008

ボイストレーニングは、まず羞恥心を取り払うことから

ボイストレーニングとは、大きな声を出すとうよりも、よく通る声を出すことを目的にするものです。
細くて不安定な声ではなく、はっきりとしてブレない声が出るように発声練習をします。
中々上達しないと思ったときは、そもそもなぜボイストレーニングが必要なのか、自分の目的を考えてみて下さい。

もしもカラオケでもゴスペルでも、人前で歌を歌うことを目的にボイトレをしているのなら、
人から見られているという状態で声を出せるようにしなければいけませんね。
誰に見られても大丈夫、誰に聞かれても平気、そう思えるようになると声が前に出やすくなります。
ボイトレ上達のコツは、まず羞恥心を取り払うことから始めましょう。

羞恥心克服の為に、まずは自分自身が人からどのように見えるのかをチェックしてみましょう。
発声練習をする時には自分の目の前に姿見を置いて、顔がよく見えるようにします。
そして頬骨が痛くなる程大きな口を開けて、「あ」「え」「い」「お」「う」と顔全体で声を出してみましょう。
最近流行りの「ヘン顔」になるので何とも恥ずかしいのですが、それ位はっきりと口を開けられるように
ならないと正しい声がでるようにならないのです。
その自分の顔に慣れて、他人から見られることへの覚悟ができれば大丈夫です。

人から見られるというのは女優と似たような環境ですね。
歌を歌うということは演じることと同じと思って良いのです。
ですから謳っている自分は普段の自分とは違う、演技をしている姿なのだと、空間を割り切って考えることも効果的です。
出来ればボイトレの段階から普段の自分と全く違う服装で演出してみると、気持ちが切り替えられます。

次に、ボイトレをしている間、どこを見ていればよいか視線に悩むことはありませんか。
レッスン中は楽譜があることが殆どですが、本来何かを目で追いながら歌うというのは発声として好ましくありません。
どうしても姿勢が悪くなってしまいますし、歌詞や音符に頼ると目で追う、頭に指令を送る、声を出す、という
ステップが入り、息の吐き出しのタイミングが微妙に遅れて不十分な発声になってしまいます。

歌を歌っている間は、自分の眉間に意識を集中しましょう。
カラオケで歌っていると、人からの視線に緊張して目が白黒になってしまう人がいますよね。
少し目線を落として自分の眉間に集中し、観客の顔より胸元を見るように歌うと姿勢が安定します。

声というのは筋肉の運動によって鳴る身体の音です。
気分がリラックスすれば筋肉の伸縮が十分に行われ、よりよい声が出るようになります。
まずは見られることに慣れて、自分の歌を聞いてもらえる喜びを感じられるようになって下さいね。

カラオケコンプレックスを解消しよう!ボイストレーニング基礎の基礎

同僚や友達との飲み会。一次会では盛り上がっていたのに、二次会がカラオケだと聞くと、とたんに一人だけ先に帰ってしまう人がいます。
「歌がヘタだから恥ずかしい、音痴だからみんなの前で歌いたくない…」
そんな悩みを持つ人にぜひ試してほしいのが、ボイストレーニングです。その基礎を知っておくだけでも、あなたの声は変わります。
歌が上手に聞こえない原因の一つが、高い音が出せないことです。低めの音域はなんとか歌えても、サビの部分の高い音が出にくく、がんばって歌うと声がひっくり返ってしまうことも。
ボイストレーニングでは、まずあなたの本当の声域を調べます。声域とは、声を出せる音の範囲のことで、個人差はありますが、歌に使える範囲でいえばだいたい1オクターブから1オクターブ半くらいです。
声域自体を広げるためには本格的なトレーニングが必要ですが、カラオケの上達が目的ならば、自分の声域にある音を正しく発声できるようにし、実際に歌う時にキーを調整して、自分の声域に曲の音域を合わせればよいのです。
この、正しい発声の習得こそ、ボイストレーニングの基本。そもそも声を出すということは、吐いた息を声帯にぶつけて振動させ、胸や頭蓋や口腔に響かせるということです。このとき、喉に力が入っていると、声はうまく通り抜けることができず、くぐもった小さな声になってしまいます。そこで、アクビをするときのように喉の力を抜き、大きく広げてみましょう。広い道を通ってきた声は、太くくっきりとしています。また、高い声を出すときは、舌の付け根に力が入りがちです。ここを意識して楽にすると、よく通る安定した発声ができます。
呼吸は腹式呼吸が基本です。カラオケが苦手な人は、息を吸うと胸が力み、肩が上がりがちではないでしょうか。正しく発声するためには、おへその下5センチあたりを意識します。この部位を丹田と呼びます。息を吸うときはここに空気がたまって膨らみ、吐くときは空気がまっすぐに出て行ってへこむ、とイメージしてください。このとき、無理にお腹をへこます必要はありません。全身の力を抜いて丹田に意識を集中し深く呼吸することで、伸びやハリのある声が楽に出せるようになります。
これらはボイストレーニングの初歩の初歩といえますが、意識して実践してみると、自分の声が深く明瞭に響く声に変わってきているのがわかります。もう二次会のカラオケにひるむ必要はありません。声の印象をアップさせて、恋愛にビジネスに役立てましょう。