Monthly Archives: September 2008

ボイストレーニングに大切なこと

ボイストレーニングに一番大切なことは、いかにリラックスをして歌うことができるかという点にあります。プロの歌手を見ても分かる通り、実に様々な歌い方をしていることが分かるはずです。プロの歌手はみんな例外なく、自分にとって最も歌いやすい姿勢を熟知していますし、そうして歌っています。これはもちろん歌う歌によっても異なりますから、一概にこれが良い姿勢だと断言することはできません。
また歌い方と言うのは人によって個性が出るところでもありますし、その人が一番リラックスできる体勢であるのです。自分にとって、どの姿勢が一番リラックスをして歌えるかというのは、自分自身で試行錯誤をして見つけることしかありません。ですからボイストレーニングをしている時も、どの姿勢が自分にとって一番良いのか、いろいろ試してみることをおススメします。
次に自分の歌声を知ることも、トレーングの効果を上げることに一役買ってくれます。自分の歌声なんていつも聞いているよ、と言う人がいるかもしれませんが、実は普段自分の声だと思っているのは、耳の内耳を通して聴いているので雑音が多く混じっているのです。ですから、ボイスレコーダーを使ってキチンと客観的に、自分の歌を聞いてみることが必要になります。普段感じている自分の声とはだいぶ違って聞こえるはずですが、このボイスレコーダーから聞こえてくる声が、あなたの本当の声に近いのです。初めは少し恥ずかしい気持ちもあるはずですが、このボイスレコーダーを使うと、自分の歌声を客観的に把握することができるメリットがあります。同時に欠点も見つけることができますから、ボイストレーニングには格好の教材になります。ボイスレコーダーを持っていない人でも、スマートフォンの録音機能で代用できるので、ぜひ自分の歌声を録ってみましょう。他にもこの録音したものを消さずに取っておくと、自分の成長過程がはっきりとわかるので、モチベーションの向上にも役立ちます。ボイストレーニングには毎日行わないといけないので、どうしてもモチベーションの維持が難しいのですが、このボイスレコーダーを使ったトレーニングは、その改善にも一役買ってくれるのです。
最後にボイストレーニングに限らず、どんなことにも共通していることですが、決してあきらめずに前向きにひたむきに取り組むことです。何もプロの歌手になろうというのではありませんから、楽しむことも重要です。

Advertisements

きれいな歌声を出す方法。

最近ボイストレーニングと言うワードが流行ってますね。
わたしは歌うのがすごく苦手でした。まず、声の出し方、息の使い方がわからないんですよね。

みなさんは自分の歌声を録音して聞いたことがありますか。
自分の歌声を聴くというのは一番大切なボイストレーニングです。
大抵の人が自分の歌声を聴いたことないかと思います。しかし、自分の歌の癖、どんな音程が苦手か、声の出し方はどんな感じになっているかなど知っていて損はないかと思います。
初めは、あまりうまく歌えず恥ずかしいかもしれませんが、それを削除せずとっておいてください。後から聞いて自分の成長を知るためでもあります。

そして、今回の本題は腹式呼吸です。
腹式呼吸といっても何も知らない初心者さんはなんのこっちゃいってことだと思います。
実際わたしも腹式呼吸の仕方がわからなくて、おなかに力を入れるものだとばかり思っていました。

初めに正しい腹式呼吸について紹介したいと思います。
簡単に言うと腹式呼吸とは、息を吸ったときにおなかを膨らませるものです。
もっとわかりやすく言うならば寝てるときですね。
鼻で呼吸してますが、おなかが膨らんだりへこんだりしてますよね。
実はそれが大きなポイントです!
大抵の人は腹式呼吸で寝てるので、腹式呼吸ができないということはありません。
練習をすれば必ず腹式呼吸で歌を歌うことができます。

腹式呼吸がわかったところで、実践練習の仕方に移りたいと思います。
一番簡単なのはゆっくりな曲でやることです。
実際にテンポが遅く、伸ばしが多い曲はやっててやりやすいと思います。
曲中に息を吸うときは「スッ」と短時間でたくさんの空気を取り込むイメージです。
自分の口の周り10センチくらいの空気をすべて吸うくらいの勢いがいいですね。
CDやDVD、アーティストのライブをみているとマイクから息が吸う音が聞こえてくるときがあります。その呼吸の仕方はかなりいい呼吸の仕方ですね。

そして、息を吸ったときにおなかを膨らませるように意識します。
そして息をはきながらおなかをしぼませていきます。
ゆっくりおなかをしぼませるのがポイントです。

そしてここでの注意ポイントは、息を吸いながら歌わないことです。
ゆっくり息を吸いながら歌うと声がこもったり、きれいな歌声にならず聞きにくく、響かない歌声になります。
そして次のポイントが、息を吐きながら歌うことです。
これがすごく難しいのですが、これができるとこもった声には聞こえず、きれいにとおる声になります。
透き通る用な声は指示をだしたり、接客、電話対応などでも非常に役に立ちます。

まずは、息と声を出すのを同時に実践してみてください。
どこにいても友達と話してても、どんなときでもかまいません。
思い出したときに実践してみてください。

毎日の努力できれいな歌声を手に入れましょう。

ボイストレーニングについて

ボイストレーニングで一番大切なことは、自分自身がリラックスをすることです。緊張すると体に無理な力が入り、余計な力がかかってしまうので、うまく発声デキなくなってしまうのです。プロの歌手は、みんな自分なりにリラックして歌う方法を持っており、自然と歌うことができます。もっともこのリラックスする方法は、訓練をすれば誰でもできるようになるので、まずは慣れることも大切になってきます。
また、ボイスレコーダーを使うことも、ボイストレーニングにはとても効果的の方法です。というのも、電話の留守番電話やビデオなどで、自分の声を聴いたことがある人は多と思いますが、この時自分が普段聞いている声と、かなり違って聞こえることがあるはずです。実は普段自分の声だと思っている声は、内耳を通して聞いている声なので、いろんな雑音も交じっているのです。留守番電話やビデオから聞こえる声の方が、実際の声に近いものなのです。ですから、ボイスレコーダーに自分の歌声を撮って聞くことは、客観的に自分の声を知ることができると言う点で、絶大な効果があります。どこに欠点があるのか、どこを直すべきなのか一目瞭然だからです。さらにその録音したものを取っておくと、自分が上達していることの記録にもなりますから、モチベーションの維持にもつながります。ボイストレーニングはできる限り毎日行う必要があります。しかも上達したと実感できるまでに割と時間がかかりますから、それまでに挫折しないように、モチベーションの維持が非常に重要となってくるのです。
またボイストレーニングの基礎として、腹式呼吸をマスターしなければなりません。プロの歌手は例外なくこの腹式呼吸を使って歌っていますから、ボイストレーニングをするには欠かせない、土台の部分となるものです。そもそも人間は普段呼吸している時には、胸式呼吸を使っています。しかし胸式呼吸では空気を吸う量が限られてしまいますから、それでは高く大きな声量を出すことはできません。これに対して腹式呼吸は、より多くの空気を出し入れすることができますから、その分より力強い声量を出すことができるのです。もっとも普段腹式呼吸に慣れていない人にとっては、いきなり練習してもその感覚がつかみにくいですから、仰向けになってお腹に手を置いて、息を吸ってみると腹式呼吸の感覚がつかめます。一度感覚を掴んだら、後は練習をするだけになります。
いずれにしても、ボイストレーニングは毎日続けることが非常に大切です。