きれいな歌声を出す方法。

最近ボイストレーニングと言うワードが流行ってますね。
わたしは歌うのがすごく苦手でした。まず、声の出し方、息の使い方がわからないんですよね。

みなさんは自分の歌声を録音して聞いたことがありますか。
自分の歌声を聴くというのは一番大切なボイストレーニングです。
大抵の人が自分の歌声を聴いたことないかと思います。しかし、自分の歌の癖、どんな音程が苦手か、声の出し方はどんな感じになっているかなど知っていて損はないかと思います。
初めは、あまりうまく歌えず恥ずかしいかもしれませんが、それを削除せずとっておいてください。後から聞いて自分の成長を知るためでもあります。

そして、今回の本題は腹式呼吸です。
腹式呼吸といっても何も知らない初心者さんはなんのこっちゃいってことだと思います。
実際わたしも腹式呼吸の仕方がわからなくて、おなかに力を入れるものだとばかり思っていました。

初めに正しい腹式呼吸について紹介したいと思います。
簡単に言うと腹式呼吸とは、息を吸ったときにおなかを膨らませるものです。
もっとわかりやすく言うならば寝てるときですね。
鼻で呼吸してますが、おなかが膨らんだりへこんだりしてますよね。
実はそれが大きなポイントです!
大抵の人は腹式呼吸で寝てるので、腹式呼吸ができないということはありません。
練習をすれば必ず腹式呼吸で歌を歌うことができます。

腹式呼吸がわかったところで、実践練習の仕方に移りたいと思います。
一番簡単なのはゆっくりな曲でやることです。
実際にテンポが遅く、伸ばしが多い曲はやっててやりやすいと思います。
曲中に息を吸うときは「スッ」と短時間でたくさんの空気を取り込むイメージです。
自分の口の周り10センチくらいの空気をすべて吸うくらいの勢いがいいですね。
CDやDVD、アーティストのライブをみているとマイクから息が吸う音が聞こえてくるときがあります。その呼吸の仕方はかなりいい呼吸の仕方ですね。

そして、息を吸ったときにおなかを膨らませるように意識します。
そして息をはきながらおなかをしぼませていきます。
ゆっくりおなかをしぼませるのがポイントです。

そしてここでの注意ポイントは、息を吸いながら歌わないことです。
ゆっくり息を吸いながら歌うと声がこもったり、きれいな歌声にならず聞きにくく、響かない歌声になります。
そして次のポイントが、息を吐きながら歌うことです。
これがすごく難しいのですが、これができるとこもった声には聞こえず、きれいにとおる声になります。
透き通る用な声は指示をだしたり、接客、電話対応などでも非常に役に立ちます。

まずは、息と声を出すのを同時に実践してみてください。
どこにいても友達と話してても、どんなときでもかまいません。
思い出したときに実践してみてください。

毎日の努力できれいな歌声を手に入れましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s