ボイストレーニング方法

カラオケなど人前で歌声を披露する機会は多いですよね。そのため、歌が上手くなりたい!と思っている方は多いのではないでしょうか。歌の上達を目指すなら、ボイストレーニングをすることをおすすめします。そこで今回は、どんなボイストレーニングの方法があるのか紹介します。
ボイストレーニングの方法の一つに、エッジボイスの練習があります。
エッジボイスとは、低い音域で声帯を振動させるような発声です。日本語では「エッジボイス」、日本以外では「ボーカルフライ」という呼び方で浸透しているようです。エッジボイスを出してみることで、発声器官の力の抜き方や、声帯を閉鎖する感覚を掴むことができるのでおすすめです。また、歌う前のウォーミングアップにも適しているので、歌う前に軽く出しておくといいと思います。
エッジボイスは、声を出しながら音程を低くしていくことで出せます。エッジボイスを出せない方は、声帯を上手く閉じることが出来ていない可能性があります。まずは、声帯を閉じたまま声を出せるように訓練をしましょう。力を入れすぎないということも、エッジボイスを出すためのコツです。
また、エッジボイスのほかにもウォーミングアップの方法としてハミングがあります。ハミングは口を閉じたまま鼻に息を通して発声します。リラックスした発声をすることを心掛けましょう。そして、ハミングは音程を確認するのにも効果的です。
また、タングトリルという練習方法もあります。タングトリルは、巻き舌で行う練習方法です。上の歯の裏側に舌を当てて、ラの発音をしながら息を吹くことで巻き舌ができます。タングトリルを行うことは、声帯のストレッチや呼気の調整、声帯を開きやすくなるなどのメリットがあります。
次はロングトーンという練習方法です。ロングトーンは、一つの音をできるだけ長く、安定して出し続けるトレーニング方法のことです。息をゆっくり吸い込み、息が続く限り長く発声をすることが大切です。その際注意したいのは、同じ音程を同じ息の強さで発声するということです。そうすることで、ビブラートや腹式呼吸の練習にもなります。ロングトーンを上手く行うためのコツは、腹式呼吸で安定した呼吸をすることです。お腹が膨らみ、しっかりと腹式呼吸ができているかどうかを確認しながら、練習をするようにしましょう。この練習に慣れれば、安定した歌声を手に入れることができるはずです。
歌の上達のために、ボイストレーニングを始めてみませんか?

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s