ビブラートを簡単に掛けてみよう。

まずはビブラートは何かと言うことですね。ビブラートは波を打つように震わせるように歌う方法をいいます。
このビブラートを上手く使うことで歌が上手く歌うことができますし聴かせる様な歌を歌うことができます。
ビブラートが上手く使えると声量が無い人でも綺麗に聴かせることもできます。プロの方はものビブラートを上手く使いこなします。しかしどうしたらいいか分からない人も多いかと思います。ここでは簡単なビブラートの歌い方の練習法を紹介します。

まず、ビブラートと言うものと音程には関係がないと言うことを知っておきましょう。
2つの音をつなげた状態で発音してみましょう。「あ」となる2つの音を交互に発音してください。
ゆっくりとした発音から始めて徐々に早くして行きましょう。2つの音とわからなくなるくらいのスピードに早くなってくれば
自分でも綺麗なビブラートになっている事がわかります。
音階移動が違和感なくスムーズに行えるようになれば完璧と言ってもいいでしょう。自分なりの音の波というのはそれぞれのスタイルや歌いやすい方法でいいと思います。
わかりやすい練習方法としては自分の真似したいと思う歌手の歌声を聞いてどの部分でビブラートが利いているのかと言うことを見つけて歌の練習をするのが有効的だと思います。とてもわかり易い方法で真似というのは一番簡単だったりします。恥ずかしがらずにおもいっきりやってみてください。

それに加えて声量があればかなり歌が上手く聞こえるので本当に上手な歌声になると思いますからかなりいい練習になると思います。腹式呼吸など基本をしっかりマスターすると自然に出るのですがしっかり練習をすることも大事です。

ビブラートでもいいビブラートと良くないビブラートがあります。
それは熟練されたビブラートは聞き心地の良い物で音楽にも合っています。何より自然です。
しかしちりめんビブラートという細かいビブラートは人工的かつ不安定感のあるものになっています。
素人の方でこのようなビブラートになっている方は多いです。ビブラートをかけすぎて歌の本質を見失いがちになっているからです。しっかり歌のどの部分でビブラートが必要かというのを熟知しないとうまいビブラートはかけれません。またビブラートにばかり気を取られて歌がおろそかになっては本末転倒ですね。
そういったものは逆効果になるのでしっかり必要な箇所で使い、うまいビブラートの活用を心掛けましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s