Monthly Archives: January 2009

ボイストレーニングで鍛えた喉、枯れた喉のケア方法

ボイストレーニングを行うことは喉を酷使することになります。そのケアはスポーツのクールダウンと同じ事だと思います。
そこでここでは喉のケアを紹介したいと思います。
基本のきの字になりますが水分補給をこまめにしながらボイストレーニングを行いましょう。全く水分を取らなければ、喉を傷めてしまいます。
そして喉のためにはカフェインの多いものを避けましょう。コーヒー、お茶、栄養ドリンクなどはそれに当たりますね。アルコールもできるだけ控えましょう。常にとは言いませんが歌う時や歌う前は極力避けるようにしましょう。そして塩分は水分を取ってしまうので歌う際には避けましょう。炭酸の飲み物はゲップが上がってしまうので避けるようにしましょう。
食べ物で言うと脂肪、チョコ、バナナ、牛乳、アイス、ヨーグルトなどがこれに当たります。余計な膜を張ってしまう物の摂取は粘膜の分泌を促しタンが絡んでしまうようになります。歌う前、最中は控えましょう。逆になにがいいかというとオレンジジュースなどの柑橘系の飲み物です。これらは喉を綺麗な状態に保つ効果があります。水などはステージドリンクで多いですが以外に柑橘系の飲み物は効果があります。

そして何度もボイストレーニングを行うと喉が枯れたり、ポリープができる事があります。これは声を使いすぎると声帯に炎症が起き腫れてしまいます。声帯が腫れると声帯を上手く合わせることができなくなり、声の質が落ち高音が出なくなります。
炎症の原因としては、風邪、咳、くしゃみ、声の使いすぎ、シャウトなどがあります。のど飴を舐めるなどと言う方法では治らないのでしっかり声を出さずにおとなしくすることが大事です。
喉を潰せば強くなると言うのは大きな間違いです。声を酷使すればするほど休むだけでは治らない状態になる可能性があります。声帯は非常に弱い2枚のヒダです。声帯自体が強くなることはないです。ボイストレーニングは筋トレです。周りの筋肉と声帯そのものは全く違うので勘違いをしないでください。
無理に声を出すことで声帯に血豆の様な声帯ポリープが出来ることがあります。また慢性的に発声すると声帯にタコの様な声帯結節ができる事もあります。声帯に出来ると声帯の閉鎖ができなくなります。そうなると発声、裏声が出せないなどの症状が出ます。これらは自然に治ることもありますが悪化すれば手術の必要性が出てきます。慢性的な声の不調がある場合はお医者さんに見てもらいましょう。
ボイストレーニングで声を鍛えている以上声帯の病気は付き物で向き合うべきものです。
適度に声帯を休める事を心がけてください。そして歌を楽しんで歌うようにしてくださいね。

人前で歌うのが苦手な方にオススメの方法

人前で歌うのがあまり得意ではないと言う方は少なくないと思います。
そういった時はどうしても大きな声になりがちです。しかし只々大きな声で歌うのが良い事ではありません。
当たり前の事ですが、1人で歌うなら聞く人の事を考える必要はありません。しかし人前で歌う時はどうでしょう。
聞いている人がいて成り立つものです。なので相手のことを考えて声を出す時は状況は違います。より上手く歌いたい時もただ大きな声を出すだけではなく細やかな表現が必要になります。
なので歌を歌うときに相手にどんな事を伝えたいのかまた聞いた相手がどう感じるかを考えるのが第一でしょう。それを思えば自然にどんな声でどんな歌い方をすればいいのかと分かって来ます。相手との関係で表現を使い分けることが重要です。

ここで本題に入りましょう。歌に自身の無い人はカラオケ嫌いだったり苦手な人も多いです。しかし音程が取れなくてもリズムに自信がなくても、カラオケで上手に聴かせるコツがあります。それは「始め」と「終わり」だけをきちんと聴かせるということです。多くの歌はAメロ→Bメロ→サビの構成です。ここで大切なのはAメロの第一声です。第一声をしっかり出せばまず、人をひきつけることができます。そしてサビは一番盛り上がる所ですが歌い出しを小さくして途中から声量を上げて振り幅を大きくします。曲の終わりは音を伸ばす歌ならかなり長く声を伸ばしてフェードアウトする曲では息を抜く様に囁くように終わるのがいいでしょう。これは曲によって使い分けましょう。聞く側の多くは1曲を丸々聞いていません。始めと終わりを演出するのです。それで印象付けてうまいと思われるものです。

そこで大きいのが歌う時の心構えでしょう。緊張すると普段は上手く歌える歌も思わぬ失敗を招きがちです。そこで大きいのはこの心構えです。普通歌を歌う時は「人に聞いて貰いたい」「人の注目が欲しい」「ただ気持よく歌いたい」という3タイプの考え方があります。特に大勢の前での歌は「上手く歌わなければ」と思いがちです。この考えが緊張の元です。そこで歌う時は「ただ気持よく歌いたい」と周りを気にしないのが一番いい考えでしょう。楽しく歌うことで自然にいい歌い方になります。人を意識しないで歌うことが出来れば後は歌詞の内容をイメージしてどう歌うかを考えながら歌ってみましょう。自然と気持ちがこもります。結果的に人に伝わる歌を歌えているはずです。

この考え方で挑めば苦手も克服出来るのではないでしょうか。是非試して見てください。