ボイストレーニングで鍛えた喉、枯れた喉のケア方法

ボイストレーニングを行うことは喉を酷使することになります。そのケアはスポーツのクールダウンと同じ事だと思います。
そこでここでは喉のケアを紹介したいと思います。
基本のきの字になりますが水分補給をこまめにしながらボイストレーニングを行いましょう。全く水分を取らなければ、喉を傷めてしまいます。
そして喉のためにはカフェインの多いものを避けましょう。コーヒー、お茶、栄養ドリンクなどはそれに当たりますね。アルコールもできるだけ控えましょう。常にとは言いませんが歌う時や歌う前は極力避けるようにしましょう。そして塩分は水分を取ってしまうので歌う際には避けましょう。炭酸の飲み物はゲップが上がってしまうので避けるようにしましょう。
食べ物で言うと脂肪、チョコ、バナナ、牛乳、アイス、ヨーグルトなどがこれに当たります。余計な膜を張ってしまう物の摂取は粘膜の分泌を促しタンが絡んでしまうようになります。歌う前、最中は控えましょう。逆になにがいいかというとオレンジジュースなどの柑橘系の飲み物です。これらは喉を綺麗な状態に保つ効果があります。水などはステージドリンクで多いですが以外に柑橘系の飲み物は効果があります。

そして何度もボイストレーニングを行うと喉が枯れたり、ポリープができる事があります。これは声を使いすぎると声帯に炎症が起き腫れてしまいます。声帯が腫れると声帯を上手く合わせることができなくなり、声の質が落ち高音が出なくなります。
炎症の原因としては、風邪、咳、くしゃみ、声の使いすぎ、シャウトなどがあります。のど飴を舐めるなどと言う方法では治らないのでしっかり声を出さずにおとなしくすることが大事です。
喉を潰せば強くなると言うのは大きな間違いです。声を酷使すればするほど休むだけでは治らない状態になる可能性があります。声帯は非常に弱い2枚のヒダです。声帯自体が強くなることはないです。ボイストレーニングは筋トレです。周りの筋肉と声帯そのものは全く違うので勘違いをしないでください。
無理に声を出すことで声帯に血豆の様な声帯ポリープが出来ることがあります。また慢性的に発声すると声帯にタコの様な声帯結節ができる事もあります。声帯に出来ると声帯の閉鎖ができなくなります。そうなると発声、裏声が出せないなどの症状が出ます。これらは自然に治ることもありますが悪化すれば手術の必要性が出てきます。慢性的な声の不調がある場合はお医者さんに見てもらいましょう。
ボイストレーニングで声を鍛えている以上声帯の病気は付き物で向き合うべきものです。
適度に声帯を休める事を心がけてください。そして歌を楽しんで歌うようにしてくださいね。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s