人前で歌うのが苦手な方にオススメの方法

人前で歌うのがあまり得意ではないと言う方は少なくないと思います。
そういった時はどうしても大きな声になりがちです。しかし只々大きな声で歌うのが良い事ではありません。
当たり前の事ですが、1人で歌うなら聞く人の事を考える必要はありません。しかし人前で歌う時はどうでしょう。
聞いている人がいて成り立つものです。なので相手のことを考えて声を出す時は状況は違います。より上手く歌いたい時もただ大きな声を出すだけではなく細やかな表現が必要になります。
なので歌を歌うときに相手にどんな事を伝えたいのかまた聞いた相手がどう感じるかを考えるのが第一でしょう。それを思えば自然にどんな声でどんな歌い方をすればいいのかと分かって来ます。相手との関係で表現を使い分けることが重要です。

ここで本題に入りましょう。歌に自身の無い人はカラオケ嫌いだったり苦手な人も多いです。しかし音程が取れなくてもリズムに自信がなくても、カラオケで上手に聴かせるコツがあります。それは「始め」と「終わり」だけをきちんと聴かせるということです。多くの歌はAメロ→Bメロ→サビの構成です。ここで大切なのはAメロの第一声です。第一声をしっかり出せばまず、人をひきつけることができます。そしてサビは一番盛り上がる所ですが歌い出しを小さくして途中から声量を上げて振り幅を大きくします。曲の終わりは音を伸ばす歌ならかなり長く声を伸ばしてフェードアウトする曲では息を抜く様に囁くように終わるのがいいでしょう。これは曲によって使い分けましょう。聞く側の多くは1曲を丸々聞いていません。始めと終わりを演出するのです。それで印象付けてうまいと思われるものです。

そこで大きいのが歌う時の心構えでしょう。緊張すると普段は上手く歌える歌も思わぬ失敗を招きがちです。そこで大きいのはこの心構えです。普通歌を歌う時は「人に聞いて貰いたい」「人の注目が欲しい」「ただ気持よく歌いたい」という3タイプの考え方があります。特に大勢の前での歌は「上手く歌わなければ」と思いがちです。この考えが緊張の元です。そこで歌う時は「ただ気持よく歌いたい」と周りを気にしないのが一番いい考えでしょう。楽しく歌うことで自然にいい歌い方になります。人を意識しないで歌うことが出来れば後は歌詞の内容をイメージしてどう歌うかを考えながら歌ってみましょう。自然と気持ちがこもります。結果的に人に伝わる歌を歌えているはずです。

この考え方で挑めば苦手も克服出来るのではないでしょうか。是非試して見てください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s