ボイストレーニングの基礎知識

よくある市販のボイストレーニングの本には、歌を歌うには正しい姿勢で歌わなければならない、という様なことが書かれていることが多いです。しかしこの「正しい姿勢」というのがやっかいなもので、実は全員に共通した「歌うのに正しい姿勢」と言うものは存在しないのです。というのも、歌を歌うには自分が一番リラックスをできる姿勢で歌うことが、一番のキーポイントになるのですが、このリラックスできる姿勢というのは個人によって異なってくるのです。
現にテレビに出ているプロの歌手の歌い方を見てみてください。誰一人として、同じ姿勢で歌っている人はいないはずです。もちろん中にはパフォーマンスとして、そういった姿勢で歌う歌手の人もいますが、基本はみんな自分の最もリラックスできる姿勢で歌っているのです。ですから「これが正しい姿勢」というように、画一的に言うことなどできないことになります。こういった自分に合う歌の姿勢は、ボイストレーニングをする過程で試行錯誤しながら個々人が見つけていくことになります。
ボイストレーニングに効果的なこととして、ボイスレコーダーを使った方法があります。これは自分の歌声をレコーダーに録音して、それを聞きながら修正点を確認すると言うものです。初めは少し恥ずかしいかもしれませんが、このボイスレコーダーを使ったトレーニング法は、大きな効果があります。そもそも普段自分の声だと思っている声は、耳の内耳を通して聞いているものです。ですから多くの雑音が混じり、本来の声とは違った声が聞こえているのです。ですから、レコーダーから聞こえてくる声は、いつも聞いている声とずいぶん違う風に聞こえると思いますが、このレコーダーから聞こえる声が、本当のあなたの声に近いものなのです。
このように自分の声を客観的に分析することは、歌の聞き手のことを考える第一歩になりますから、より歌声に深みのでる結果となります。また、ボイストレーニングは継続して行わないと、効果の上がらないトレーニングです。たまに思い出した時にやるといった風では、ほとんど効果はないと言っていいでしょう。ですから継続するにはモチベーションを保たなければいけないのですが、プロの歌手になる人ならともかく、なかなかそれを維持するのは容易ではありません。そこでこのボイスレコーダーを使って歌声を残していれば、自分の成長具合がハッキリと分かりますから、モチベーションの維持にも役立つことになります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s