声をまず強くしよう。7ステップからです

ボイストレーニングはその文字のとおり、声をトレーニングします。
声を強くすることです。
しかし、いきなり声をプロの様な声を出すことはなかなか難しいことだと思います。
そこで基本となるボイストレーニングを7つ紹介したいと思います。
少しずつでも階段を登るようにうまくなっていきましょう。

まず、1に裏声の発声です。裏声の発声にしっかり慣れて行くことが大事です。普段はめったに使わない裏声に慣れることで使いこなし、切り替えのタイミングも養われます。ここではピッチ・コントロールの練習も同時に行うことができます。
2つ目にチェストボイスという地声の強化です。地声の強化は実は歌にとっては最も重要な事です。喉を開く練習になるのでしっかりと深い声を発声出来る様に練習して行くことが大事になります。
3つ目に裏声の発声の一つ「ヘッドボイス」の練習が大事になります。ヘッドボイスとは頭の上から声を出すようなとよくクラシックの人が出している方法です。ヘッドボイスの習得は高音の幅が広がるので歌える歌の範囲も大きくなると思います。
4つ目に裏声でも難しいと言われている「ミドルボイス」の練習をします。これは裏声でもない地声でもないというちょうど中間の所の歌声の練習です。このボイストレーニングをすることで高音域をパワフルに歌えるようになるのと地声と裏声の境目が目立たなくなります。
5つ目に腹式呼吸の練習です。腹式呼吸は仰向けで寝転がるところから仰向けでの発声で
自分が腹式呼吸が出来ているかと言うのを意識的に身に付けることが可能になります。
そして歌声に安定感が出るのはこの腹式呼吸が出来ることが大きいと言えるでしょう。
6つ目には滑舌の練習です。滑舌を鍛えることで言葉がはっきりと聞こえるようになりますね。
歌は語るように歌うと人の心に響くと良く言いますがこの滑舌と言うのはその大事な言葉を伝える事がしっかりできるので
ボイストレーニングでも滑舌はよく練習に用いられます。
7つ目に最後になりますが、音階を使い地声と裏声をスムーズに切り替える様に練習します。
音階に合わせてしっかりと地声と裏声を切り替えるのは当たり前の様で一番最終的な目的です。
6までをしっかり習得出来た人だからこそ7つ目の練習がやっと出来ることになります。
音階を取るまでにどれだけのボイストレーニングが重要になるかが本当に大変だと思うかも知れませんが、
一つ一つを克服することで素敵な歌声を手に入れることができますね。是非、7ステップを意識してみてください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s