高音を綺麗に歌い上げるには

好きな歌を歌いたいとだれもが思いますが、歌の中には高音を必要とするものもありますね。
この高音をなかなか出すことができず、お悩みの方も多いことでしょう。
高音は無理やり出そうとすると、その分声帯にも負担をかけることになりますので、自然に出せるようにトレーニングを行う必要があるのです。

まず、高音を出したいと思った時、無理やり出そうと叫ぶように声を出してしまう方も多いです。
ただ、叫ぶように声を出す時にはお腹の中から声を出すのではなく、喉に力を入れて声を出すことになりますね。
喉に力を入れて声を出すと喉を傷める原因にもなりますし、喉を傷めることにより、低音さえ出なくなってしまうのです。

高音を出したいと思った時には、できるだけ声が遠くに響くように意識して声を出すことが重要になります。
声を遠くに響かせようと思った時、自然に姿勢もよくなりますね。
姿勢がよくなることで、声も出やすくなりますし、お腹の筋肉も有効に使えるようになります。

歌を歌う時には腹式呼吸が一番大切だといわれていますが、これは低音だけではなく高音であっても同様なのです。

このように、歌い方を改善することで高音を出すことも可能になるのですが、人によっては声質が低音なためどうしても高い声が出ない方もいらっしゃいます。

そんな場合には、ミックスボイスのトレーニングをしてみるのがお勧めです。
ミックスボイスは、地声に加え裏声も使用する発声方法のことを言います。
裏声を出すとき、どうしても声がひっくり返ってしまったり、音量も小さくなってしまいますが、ミックスボイスのトレーニングを積むことで、地声とは判別がつかないほどに自然に声を出すことも可能になるのです。

ミックスボイスを出したいと思った時、まず重要になるのが基礎的なトレーニングです。
正しく息を吸い、正しい方法で息を吐けるようにトレーニングするようにしましょう。

また、声を出すときには喉に余計な力をかけないように意識する必要もあります。

最初のうちにはなかなかうまくいかないかもしれませんが、レッスンを重ねるうちに無理なく高音を出せるようになるでしょう。

低音の歌だけではなく高音の歌も綺麗に歌い上げたいと思った時には、腹式呼吸を行うのが一番ですが、自分の声の限界によってはミックスボイスのトレーニングも行ってみると、自然に高音を出せるようになります。

歌える歌の幅を広げたいと思った時には、このような点に注目してトレーニングしてみるとよいです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s