Monthly Archives: April 2009

綺麗なビブラートの出し方

歌手が歌っている姿を見たとき、必ず綺麗なビブラートをかけていることに気が付きます。
ビブラートがかかっていると、歌の余韻を楽しむことができますし、きれいに歌い上げることもできますね。
聞いている方としても、ただすとんと歌い終わるよりもビブラートがかかっている方が耳に心地よく聴くことができます。

歌の上達を目指している方の中には、どのようにしたらビブラートを出すことができるのか、その点を知りたいと思われている方もいますね。
ビブラートを出そうとして無理やり形だけ作ってみても、声が不自然に震えるだけで、少しも綺麗にならないと悩みを感じてしまうでしょう。

ビブラートはただ声を震わせるだけではなく、より自然に出すことが重要になってきますので、まずは正しいビブラートを出す方法について知っておかなければなりません。

ビブラートを出すためには、声帯にかかる力を緩めることが大切になります。
声を張り上げようと思うと、どうしても声帯に力がかかってしまいますね。
そうすると、声帯が充分に開かずうまくビブラートをかけることができなくなってしまうのです。

ビブラートをかけたいと思った時には、大きな声を張り上げようとしないことや、喉に余計な負担をかけずに歌うことはとっても重要です。

また歌を歌っているときには、大きな声量で歌うことが必要とされますが、歌の終盤に差し掛かった時には、声量の調節を行うことも重要になります。
歌は、ただ大きな声で歌い上げればいいというものではありませんね。
一定の音量で歌うのではなく、序盤や終盤などそれぞれに適した音量で歌うことが大切になってきます。

ビブラートを出したいパートがあるときには、少しずつ声の音量を落とすと、より自然にビブラートを出すことが可能になります。

このように声帯を開いたり音量に気を付けることにより、自然にビブラートを出すことは可能なのですが、人によってはどうしてもビブラートがかからない場合もあります。

そんな時には、喉の奥を意識して上下させてみるのも効果的です。
意識して喉の奥を上下させてみると、歌を歌っている時声も震えるようになりますね。
最初のうちには不自然に声が震えるかもしれませんが、その状態で繰り返しトレーニングすることにより、自然な形でビブラートを出せるようになるのです。

また、より美しいビブラートを出したいと思った時には、ビブラートが綺麗で有名な歌手の歌い方を真似してみるのもお勧めです。

このような方法でビブラートの練習をすることにより、自分に合った方法でビブラートをかけることができるでしょう。

姿勢から整えるボイストレーニングでは窮屈だ。そして持続が要。

ボイストレーニングを始める前に大事なのは基本の姿勢だと思います。正しいとされる姿勢には色々ありますが、基本的には自分がリラックスし声を出せる状態がベストなんだと思います。
よく足幅は何センチまでと言ったマニュアルがありますが実際に実践した人などに聞くとそんなに効果がないのではと思うことがあります。確かにボイストレーニングに置いて姿勢と言うものは大事なのですが姿勢に集中してしまうことで逆に肩や喉に力が入ってしまい、良くない場合があります。またそういった姿勢をボイストレーニングの基本に入れてしまうことで肝心な声を出すボイストレーニングの前に飽きてしまったり嫌気がさしてしまうこともあります。やはり一番は楽しく歌うことなのではないでしょうか。それが大きなボイストレーニングの基本です。自分に合わない養成所などに通うよりも大声で笑うほうがボイストレーニング効果が大きくあるのです。それと関係性があるのかはわかりませんが周りでもよく笑う人は声を張っている人が多いです。笑うと言う行動はボイストレーニングにおいて非常に理にかなっているものなのかもしれませんね。

そして、ボイストレーニングというくらいですからトレーニングなので毎日の積み重ねだと思う事も大事です。リラックスしながら、楽しみながらと言うのを忘れると苦痛以外の何物でもなくなってしまいます。ボイストレーニングに興味が湧いたから始めようとおもったのでしょうから歌が上手くなりたいと思ったはずです。毎日数分でもいいので欠かさずすることが大事です。毎日楽しみながら歌いましょう。
まずは発声の基本ほ腹式呼吸を鍛えてから、それが苦痛と思うなら自分が出来ていること同時進行でもいいのでリズムや音程などのボイストレーニングをして行くのもいいと思います。飽きが来たりすると思います。そんな時には気に入ったミュージシャンの歌マネをしたりするのもいいボイストレーニングになって効果的だと思います。
自分の理想と思うミュージシャンだったら得られることも多いでしょうし、ボイストレーニングの課題曲として選びやすいというのもありますね。
上に挙げたボイストレーニングは自宅でも出来る方法で簡単なものです。また、「声を遠くへ飛ばす」のイメージトレーニングも一緒に行うといいでしょう。
何よりも大事なのは毎日続けられる練習法を身につけると言うことです。それは明らかに声量に出てくると思います。継続は力です。なんでもそうですが継続して頑張って自分の最良の声を手に入れましょう。

高音域を鍛えれば歌は上手くなる

歌がうまくなる為に行うのがボイストレーニングですが、段々と声は出るようになったものの、難しい歌が歌えないという悩みの方多いのではないでしょうか。その難しい歌の所以ですが、高いキーが多いというのが最大の理由になります。当然高い音域が出ないと、自分が発声出来る音の中で一番高い声を出すという事になりますが、それだと元の歌のキーとずれている為に上手に聴こえないのです。

その難しい歌に共通する高音域のの声を出せるようにするトレーニング方法があります。その方法とは、今一番出せるであろう高音をしっかりと出せるようにトレーニングするという事です。今出せるであろう一番の高音をしっかり発音できるようになると、声帯が鍛えられ、更に上の音が出せるようになるのです。

トレーニング方法ですが、まずキーボードやギターなどで、今出せる高音のキーを調べます。キーが分かったら、後はひたすらそのキーを長く安定して発声出来るようにトレーニングします。お腹からでも胸からでもいいですが、しっかりと息を吐きながら声を出すようにします。そして、なるべく長くそしてキーを外さずに音程を守るようにして発声練習を行います。

この練習をひたすら毎日やればいいというのではなく、そんな事をしていたら声を潰してしまうので、一日練習したら丸二日開けるようにします。丸二日開けたら次の日練習してまた2二日間休むというのを繰り返していきます。そうすることで、声帯を休め回復させ、また更に高音域の発生が出来るようになっていくのです。

この練習を続け、キーが上げられそうならまたキーボードやギターを利用してワントーンづつキーを上げていくよういにします。今現在の出ている一番の高音が安定して出せるようになっているなら、必ず更にワントーン上の音域の声が出せるはずです。このように、少しずつ確実に高音域の声が出せるようになっていきます。

しっかりと高音域が出せるようになっていけば、もう難しい歌も怖くはありません。しっかり練習の成果を発揮して、高音の歌にチェレンジして下さい。しかし、いくら高音が出るようになったといっても、音程が外れていては何にもなりません。高音トレーンングをしている時に丸二日間休みがありますが、その時にしっかり高音域以外の練習も欠かさずに行うようにして下さい。また、風呂場などで裏声だけで好きな歌を歌うというのも結構効果的です。裏声だけで正確な音程を刻んで歌えるようになると、高音に強くなります。

ビブラートは音に存在感を与える。

ボイストレーニングに通う人の中には、歌に安定感や存在感を醸し出すためにビブラートを身に付けたいと考える人も多くいます。
実際かなり多くの歌手がさまざまなビブラートを使い分けて歌っています。
ビブラートとは、音に波をつけて発声するものですが、音程にビブラートを付けたり、ビブラートをしながら音の強弱を付けるなど、さまざまな応用ができマスターすれば確かに他の人と比べて深い音のある歌を歌うことができます。

では、このビブラートを身に付けるために何をしたらよいでしょうか。
まず、ビブラートがどのようなものかを知る必要があります。
たまにビブラートは喉で作り出すものと考えている人がいます。喉の震えでビブラートが発生しているように思えるからです。
しかし実際には、腹式呼吸をできるようにならなければ、正しいビブラートを身に付けることができません。
そして、腹式呼吸を身に付けることができれば、ビブラートもできるようになるものです。
ビブラートは音に波をつけて発声するものですから、その波を安定させるためには腹式呼吸をマスターして、安定した呼吸法を身に付ける必要があるわけです。
腹式呼吸を身に付けずにやろうとすると、十分な音の安定感を出すことができません。そうすると、存在感も薄れてしまいます。
ですから、まずは腹式呼吸を身に付けましょう。

人によってはビブラートを自然に身に付けている人もいますが、多くの人はビブラートをどのようにしたらいいのか分からないと思います。
簡単なビブラートのコツを掴む方法を紹介します。

最初に、裏声を出してみましょう。
音にビブラートをつけるためには、喉がリラックスしていなければなりません。裏声を出す時の喉の状態はリラックスしていますので、まずこの状態にしておくことが欠かせません。

次に、喉をリラックスさせた状態で、ビブラートをかけたつもりで発音してみる。センスのある人であれば、この時にすぐにビブラートを身に付けることができてしまいます。

補足として、息は深く吸っておくとビブラートがかけやすくなります。
継続的にしかも安定して息を吐きつづけられなければ、ビブラートを身に付けることができません。
さらに、ビブラートをかけたいと思う歌の部分の前あたりから、声量は抑えめにするのも一つの方法です。こうすると声帯や喉に力が入らずにビブラートをつけやすくなるからです。

ボイストレーニング法ので一つで身に付けておくと、歌に安定感と存在感を増し加えるもの “ビブラート” 一人でもできるものなのでぜひ試してみてください。