ビブラートは音に存在感を与える。

ボイストレーニングに通う人の中には、歌に安定感や存在感を醸し出すためにビブラートを身に付けたいと考える人も多くいます。
実際かなり多くの歌手がさまざまなビブラートを使い分けて歌っています。
ビブラートとは、音に波をつけて発声するものですが、音程にビブラートを付けたり、ビブラートをしながら音の強弱を付けるなど、さまざまな応用ができマスターすれば確かに他の人と比べて深い音のある歌を歌うことができます。

では、このビブラートを身に付けるために何をしたらよいでしょうか。
まず、ビブラートがどのようなものかを知る必要があります。
たまにビブラートは喉で作り出すものと考えている人がいます。喉の震えでビブラートが発生しているように思えるからです。
しかし実際には、腹式呼吸をできるようにならなければ、正しいビブラートを身に付けることができません。
そして、腹式呼吸を身に付けることができれば、ビブラートもできるようになるものです。
ビブラートは音に波をつけて発声するものですから、その波を安定させるためには腹式呼吸をマスターして、安定した呼吸法を身に付ける必要があるわけです。
腹式呼吸を身に付けずにやろうとすると、十分な音の安定感を出すことができません。そうすると、存在感も薄れてしまいます。
ですから、まずは腹式呼吸を身に付けましょう。

人によってはビブラートを自然に身に付けている人もいますが、多くの人はビブラートをどのようにしたらいいのか分からないと思います。
簡単なビブラートのコツを掴む方法を紹介します。

最初に、裏声を出してみましょう。
音にビブラートをつけるためには、喉がリラックスしていなければなりません。裏声を出す時の喉の状態はリラックスしていますので、まずこの状態にしておくことが欠かせません。

次に、喉をリラックスさせた状態で、ビブラートをかけたつもりで発音してみる。センスのある人であれば、この時にすぐにビブラートを身に付けることができてしまいます。

補足として、息は深く吸っておくとビブラートがかけやすくなります。
継続的にしかも安定して息を吐きつづけられなければ、ビブラートを身に付けることができません。
さらに、ビブラートをかけたいと思う歌の部分の前あたりから、声量は抑えめにするのも一つの方法です。こうすると声帯や喉に力が入らずにビブラートをつけやすくなるからです。

ボイストレーニング法ので一つで身に付けておくと、歌に安定感と存在感を増し加えるもの “ビブラート” 一人でもできるものなのでぜひ試してみてください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s