綺麗なビブラートの出し方

歌手が歌っている姿を見たとき、必ず綺麗なビブラートをかけていることに気が付きます。
ビブラートがかかっていると、歌の余韻を楽しむことができますし、きれいに歌い上げることもできますね。
聞いている方としても、ただすとんと歌い終わるよりもビブラートがかかっている方が耳に心地よく聴くことができます。

歌の上達を目指している方の中には、どのようにしたらビブラートを出すことができるのか、その点を知りたいと思われている方もいますね。
ビブラートを出そうとして無理やり形だけ作ってみても、声が不自然に震えるだけで、少しも綺麗にならないと悩みを感じてしまうでしょう。

ビブラートはただ声を震わせるだけではなく、より自然に出すことが重要になってきますので、まずは正しいビブラートを出す方法について知っておかなければなりません。

ビブラートを出すためには、声帯にかかる力を緩めることが大切になります。
声を張り上げようと思うと、どうしても声帯に力がかかってしまいますね。
そうすると、声帯が充分に開かずうまくビブラートをかけることができなくなってしまうのです。

ビブラートをかけたいと思った時には、大きな声を張り上げようとしないことや、喉に余計な負担をかけずに歌うことはとっても重要です。

また歌を歌っているときには、大きな声量で歌うことが必要とされますが、歌の終盤に差し掛かった時には、声量の調節を行うことも重要になります。
歌は、ただ大きな声で歌い上げればいいというものではありませんね。
一定の音量で歌うのではなく、序盤や終盤などそれぞれに適した音量で歌うことが大切になってきます。

ビブラートを出したいパートがあるときには、少しずつ声の音量を落とすと、より自然にビブラートを出すことが可能になります。

このように声帯を開いたり音量に気を付けることにより、自然にビブラートを出すことは可能なのですが、人によってはどうしてもビブラートがかからない場合もあります。

そんな時には、喉の奥を意識して上下させてみるのも効果的です。
意識して喉の奥を上下させてみると、歌を歌っている時声も震えるようになりますね。
最初のうちには不自然に声が震えるかもしれませんが、その状態で繰り返しトレーニングすることにより、自然な形でビブラートを出せるようになるのです。

また、より美しいビブラートを出したいと思った時には、ビブラートが綺麗で有名な歌手の歌い方を真似してみるのもお勧めです。

このような方法でビブラートの練習をすることにより、自分に合った方法でビブラートをかけることができるでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s