カラオケで注目をあびるコツ

カラオケで上手に歌うコツ、それは何よりも、しっかりと音を出すことです。
曲にもよりますが、しっかりを音を出せるようになると、歌に緩急や強弱をつけやすくなり上手に聞こえるようになります。
では、しっかり音を出すということはどういうことでしょう。
それは、何よりもお腹から声を出すことです。
よく、腹式呼吸、といいますが、いきなりだとちょっとハードルが高いかもしれません。
そして、歌によっても腹式呼吸を最大限活かせるもの、活かせないものがあります。
なので、まずは腹式呼吸をしよう!というのではなく、その一歩前の段階から挑戦する方法を紹介します。
まずはカラオケを歌う時、当然片手でマイクを持つと思いますが、もう反対の手はさり気なくお腹を触っておきます。
場所は胃のあたりです。
そして歌が始まりいざ歌うという時、手でお腹が硬くなっているか確認しながら歌いましょう。
お腹が硬くなっている、ということは、肺そしてお腹で空気を送っている証拠になるからです。
ここで、どうやったらお腹を硬くして歌えるのか、という話になります。
お腹でも歌う、ということはお腹からも息を送らなければ歌い手の求めている声量を出すための息が足りなくなる、ということなのです。
ということは、普段会話したりするときよりも息の出入り口を開けばいい、ということになります。
要するに、喉を普段以上に開くということです。
喉が開けば、それだけ息の通り道が増え、お腹からも呼吸する必要が出るのです。
喉を普段以上に開くためには訓練が必要ですが、これはなるべく自分の歌いやすい音域の歌ですることをおすすめします。
無理の無いキーで力いっぱい試せるからです。
喉を開くコツとしては、例えば、遠い場所に居る人を呼んだりするときには叫びますよね。
喉を開いたまま歌うということは、音程のある叫びということになります。
しかし、これでは歌にはなりません。
しっかりメロディを聞いて、一音一音を叫ぶ時と同じくらいの声量で音程として発する意識を持つことが重要です。
こういうことを繰り返していると、喉が開く感じがわかってくるかと思います。
私の体験談ですが、カラオケ初心者の頃は何がなんだか理解らなくて、音痴にならないよう歌うのが精一杯でした。
しかし、カラオケも慣れたある頃、ストレスを発散させるがごとく大きな声で歌うようになりました。
それと同時に、喉を開いてお腹から声を出すことを意識するようになりました。
喉の開閉がある程度自在になってくると、ビブラートなどの小技も少しずつ使えるようになっていきます。
カラオケ上達を目指す方々も、がっちり構えず、カラオケそのものを楽しみながら、その中でお腹のチェックをさり気なく行い少しずつ感覚を知っていただければなと思います。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s