ボイストレーニングは固定時間制かフリータイム制がいいか

 話す、歌う、声を出す。これらのことは、普段の生活の中で特に気を使わないでやっていることです。とくに話す、声を出すなんていちいち考えもせずにやっていますね。でも、こういった耳から入ってくる情報は、意外と他人から見るとあなたという人格を判断するポイントになっているんです。そんなことを聞いてしまうと、自分の声に不安が出てきますね。できればいい声で、聞き取りやすい話し方で、人がきいてもいいなと思うような歌い方で、やりたいなあって思うようになるんです。
 そんなとき、何をすればいいんでしょう。話し方教室や、カラオケ三昧もいいですが、ボイススクールという方法もあるんです。ボイススクールというと、歌手やボーカルになりたい人が練習するところと思われがちです。が、実は話し方を変えたい、滑舌をよくしたいといった営業スキルを磨くために通っている人もけっこう多いんです。意外ですね。
 そんなボイススクールですが、レッスンの形態によって続けやすいかどうかということがあります。どんな習い事でも、始める以上は効果が実感できるまでなるべく長く辞めずに続けたいですね。以下にボイススクールの時間形態について簡単にあげておきます。自分の生活スタイルにあっているのはどれか、考えながらスクール選びの判断材料にしてください。
 ボイススクールのレッスン形態は、固定時間制とフリータイム制があります。固定時間制とは、毎週決まった時間にレッスンがあることを言います。またフリータイム制は生徒側が都合のいい時間を選択することができるタイプです。それぞれメリット、デメリットがありますよ。
 固定時間制は時間が決まっているだけに、自分の予定にあらかじめ入れておけるのがメリットです。同じ時間ですから、レッスンそのものが習慣になり、時間も体力的にもコントロールがしやすいでしょう。長く続けるには、こういったレッスンの習慣化というのも大事なことなんです。
 フリータイム制では、生徒の都合で時間を決められるので、急な変更がしやすいのがメリットです。たとえば今週は月曜日なら空いていたが、来週は木曜日にお願いしたいなんて言うのができるんですね。これは仕事を優先している場合は大変重要なメリットです。
 デメリットとしては、固定時間制は変更がきかないこと、フリータイム制ではレッスンの管理を自分ではやらなくてはいけないという点があげられます。フリータイム制は一見生徒にとって、非常に便利に見えます。ですが逆に、レッスン時間の管理は生徒側がすべてやらなくてはいけないということになります。毎週レッスン時間が違うということは、レッスンを忘れてもおかしくはありません。また、なまじ自由に時間を変えられるだけに、次第にレッスンを休みがちになることもあります。お休みが続くと、いつの間にかフェイドアウトしているなんてことも。
 こうやって考えていくと、初心者のボイストレーニングは固定時間制から始めたほうがよさそうですね。そうやってレッスンが習慣化してきたら、講師と相談しながら自分の都合に合わせて予定を組んでいくようにすると、かえって無理なく続けていけるでしょう。  

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s