Monthly Archives: January 2010

楽しめるボイストレーニング方法

ボイストレーニングですが、主に歌を楽しむために行う方も多いでしょう。
せっかく楽しむわけですので、
トレーニングといいましても楽しめるようなボイストレーニングを行っていくべきです。
特に初心者の方はまずは楽しんでいくべきです。
ある程度歌がうまくなってから本格的なボイストレーニングをはじめていくことがお勧めです。

ではその楽しめるということですが、カラオケの採点機能があります。
カラオケの採点機能ですが、かなりしっかりと曲を判断してくれるようになっています。
高性能になってきているのです。
昔は大きな声を出せば良い点がとれるということもあったのですが、
最近は音程などもしっかりと採点してくれるようになっています。
音程を操っていく練習にもその採点機能がなってくれているのです。

その採点機能ですが、曲の音程と自分の声の音程を出してくれるものがあります。
それは自分の音程のずれを確認できますので、しっかりと見て歌っていきましょう。
そして音程がずれていると分かりましたら、それを修正しながら歌っていくべきです。
そうすることで実際にどの音程がマッチングするのかを確かめながら歌うことができます。

またカラオケには、実は録音機能がある場合もあります。
その録音機能も同時に利用していくべきです。
歌っていると自分の音程がどこまであっているのか確認できないこともあるのです。
それではいつまでたっても上達ができません。
採点機能と録音機能を両方とも使いこなしまして、
歌を歌っていくことが一つボイストレーニングになってくれます。

またカラオケの採点機能ですが、歌い出しが大事になります。
きちんと歌い出しをタイミングよく発生していけるのかも重要です。
好きな曲がありましたら、まずは何度も聞いて覚えておくことが必要です。
歌詞を全部覚えてしまうくらいの間隔で、何度も聞いていくと良いでしょう。
カラオケで最も下手に聞こえてしまうのが、うろ覚え状態の曲です。
曲を覚えていなくて途中で詰まってしまい、恥ずかしい思いをした経験がある方も多いでしょう。
ボイストレーニング以前の問題になってしまいますので、
歌い出しをいしっかりと歌っていけるように頭に叩き込んでおきましょう。

また、ビブラートやこぶしといったようなテクニックをに身につけるとカラオケの採点機能は伸びます。
初心者には難しいと思われるかもしれませんが、
初心者のボイストレーニングでもそういったテクニックは身につけていくことが可能です。
歌手の方などの歌い方を真似していくとカラオケの採点機能でも判定してくれますので、
注目をしてみていかれると良いでしょう。