芸能スクールでボイストレーニングを受けました

私は以前芸能界でお仕事をするのが夢でした。
その夢をなんとか実現させたいと思いまして芸能スクールに通っています。
いくつかのコースがありましたが、私は歌が得意だったので歌手育成コースを選びました。
歌手育成コースではダンスレッスンや笑顔の作り方や話し方の授業もありましたが、
メインとなったのは歌の練習でした。
歌の練習でも特にボイストレーニングが印象に残っています。
ボイストレーニングと言っても最初は歌うのではありませんでした。
先生に合わせてゆっくり大きな声で発声していくのです。
あーとか、いーとか、そういう感じで単音を発声していきます。
単音の発声だけでも色々な注意点があって意外でした。
単音の発声が終わると次は言葉を発声していきます。
一音一音気を付けながらの発声です。
ここではアクセントの指導もありました。
これまでアクセントとかに注意して話すことは無かったです。
そして次は文章の発声になりました。
短い文章を短音とアクセントに気をつけながら読んでいきます。
短い文章を読むのにこれだけ気を使ったのは初めてでした。
この文章発声トレーニングは比較的多くの時間を使ったと思います。
私が詠むのが下手だったからだと思いますが。
このトレーニングはナレーションのお仕事の時に役立つそうです。
やっと先生からOKが出まして、次に話す際の発声になりました。
先生によるといろんな番組に出たり挨拶に行った時にしっかり話せないと駄目だそうです。
しっかり正しい発声をすると印象も違ってくるそうです。
そしていよいよ歌のボイストレーニングになりました。
まずは音程の勉強です。
初めて知りましたが歌でも話し言葉も音の高さがあるのです。
先生のピアノに合わせて一音一音発声していきます。
最初はいいのですが、ピアノのスピードが少しでも早くなると付いていけません。
これは技術の問題というより肺活量の問題だそうです。
ジョギングと腹式呼吸がその日から私の日課になりました。
しばらくすると本格的な歌のトレーニングになりました。
とにかく音程を意識しながら丁寧に歌っていきます。
カラオケで歌うのとは訳が違いました。
またテンポにも注意しなければなりません。
一定のスピードで歌うのがこれほど難しいとは分りませんでした。
先生によると自分の特性を理解することが大事だということです。
その特性に合わせた歌い方を見つけるのがボイストレーニングの意味だと教わりました。
それがその歌手の個性になるそうです。
まだまだトレーニングが続くことでしょう。
人前で歌える日を目標に頑張ります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s