Monthly Archives: October 2010

ボイストレーニングをするといい歌声になる

“カラオケで上手に歌を歌えるようになりたかったので密かにボイストレーニング教室に通うことにしました。会社の同僚とも古くからの友人達とも遊ぶ場がカラオケとなっていてどうしても人前で歌う機会が多くなっていたので自分の歌の下手さを気にしていました。ボイストレーニングを学んでからは自信がついて堂々と歌えるようになりました。
いい声を出すためには腹式呼吸が大切だと学びました。声を喉からでなくてお腹から出すことでボリュームのある歌声になります。腹式呼吸を取得することで声に余裕が出てきます。学ばなければ分からないことでしたので知ってよかったと感じました。
腹式呼吸をすることでお腹の力が必要だと感じましたので独自に腹筋することを始めました。おかげでお腹にたくさんの空気を入れることができるようになりました。お腹を鍛えることで声の強弱もコントロールすることができます。お腹を使って歌うということがとても大切だということが分かりました。
曲によって息継ぎをする箇所が違ってくるのですがなるべく長く歌えるように努力をしています。これも腹式呼吸のおかげでかなり変化を感じます。
ボイストレーニングをしたことで歌うことがますます楽しくなりました。以前であれば多少は下手だという意識がありましたので引っ込み思案だったところもあり遠慮がありました。しかしボイストレーニングを始めてからはどんな歌でもすんなりと歌うことができるようになったので楽しいと感じるようになってきたのです。
ボイストレーニングを始めてから自分が変わったと思うことはとても姿勢が良くなったということです。姿勢が悪くてはいい声を出せないということを学びました。おかげできちんと背中を伸ばして立つことができるようになり上手に腹式呼吸も使えるようになりました。
自分の通っていたボイストレーニングの教室では生徒同士で歌を聞き合うというレッスンもありました。人前で歌うということはとても恥ずかしいことなのですがその練習法で緊張するということがなくなったと思います。みんなで上手になろうという仲間意識も持てましたのでとても良い練習方法であると感じました。
歌うことに自信がない人はボイストレーニングをすることをおすすめします。歌うことに関して上達をしますしもっと歌が楽しくなると思います。歌うことはストレスの解消にもなりますしコミュニケーションにもなるのでぜひ楽しんで歌えるようになればいいと思います。

Advertisements