ボイストレーニングでビブラートをかける

ボイストレーニングというものですが、多くの方が注目しているのがビブラートです。
歌がうまくなる一つの存在がビブラートでもあるのです。
歌手の方などは特にそういったものを使いこなして歌を歌っています。
歌がうまく聞こえる一つの大きなコンテンツにもなっていますので、
しっかりと活用してみるべきでしょう。
ただし、独学では特に難しいです。
声が震えるように続けて出ていく感覚というものは難しいものです。

そこでビブラートを使いこなしていくようにボイストレーニングを行うのですが、
まず基本となってくるのが腹式呼吸です。
腹式呼吸をして声を出していかなければビブラートというものはかけていくことができません。
喉で作りだしていくものではなく、お腹から作り出されているものです。
また腹式呼吸をしっかりと出来なければ息が続かず、ビブラートも長持ちしません。
ちょっとした腹式呼吸ではなく、
長時間ビブラートが続くようなしっかりとした腹式呼吸ができるようにならなければいけないのです。

そして腹式呼吸にプラスしまして必要になってくるのが裏声です。
裏声を使いこなせるようになりますと、自然とビブラートを使えるようになります。
裏声ですが、キーの高い声を出せるようにしていきます。
普段使っていないキーの音ですので、練習をしていかなければ出せません。
定期的に高音を出す練習を繰り返しておきましょう。
そういった練習がビブラートを出すためには必要です。

またビブラートを出す感覚を自分に覚え込ませることも重要です。
その一つの方法としましては、
意識的にのどちんこ辺りを上げ下げしていくというものがあります。
これはそれほど難しいものではありませんので、
カラオケに行った時などにちょっと行ってみると良いでしょう。
そうしたら声が震えていくような感覚がつかめるはずです。
他にも、演歌というものを利用してみると良いでしょう。
演歌ではよく使われています。
しかも、ゆっくりとしたテンポですので、
ビブラートをイメージした声出しというものもできるようになります。
1人カラオケなどもいま流行っています。
そこで演歌などを1曲マスターしてビブラートの練習をしていくのもおすすめです。

また、ポップスでももちろんかまいません。
中にはかなりの頻度でビブラートを使っている曲も多いです。
そのような曲をまねして歌っていくのもよろしいです。
歌手の真似をすることで歌い方が身につくということも実際に多いからです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s