Monthly Archives: December 2010

ボイストレーニングのレッスンのポイントと流れについて

大きな声が出ない方や、喋るとすぐに喉が痛くなってしまう方、それから、カラオケで良い点数を出したい方などに
お勧めなのがボイストレーニングです。

ボイストレーニングをすることは、喉に負担をかけず、自分の中で一番良い声を出すことが出来る近道となるかもしれません。
良い声を出すのに必要なのは、腹式呼吸です。
腹式呼吸はその字の通り、息を吸ったときにお腹が膨らみ、はいた時にお腹がへこむ呼吸法のことです。
文字にすると簡単に思えますが、中には、息を大きく吸うと胸が上がり、お腹があまり膨らまない人もいるのでは
ないでしょうか。そんな方は、ボイストレーニングのレッスンで腹式呼吸をマスターすることによって、
無理のない発声が出来るようになる可能性が高いです。
ボイストレーニングのレッスンでは、音楽大学などで専門的な発声を身につけてきた専門家や、長年、
シンガーとして活動してきたキャリアを持つプロなどがインストラクターとなり、発声を基礎から指導してくれます。
発声というと、まず声を出すことを思い浮かべる人は多いと思いますが、インストラクターによっては
身体の凝りや緊張をほぐす為に準備体操をしっかりとやるところからレッスンをスタートさせる場合もあります。
余計な力を抜いた状態で声を出すことで、より自然な発声が身につくので、準備体操も気を抜かずにしっかりと
マスターしておくと良いでしょう。
そして、一般的には、身体が解れた後に発声練習に入るという流れが多いのではないでしょうか。
発声練習では、ピアノの音を聴きながら、中くらいの高さの音から高音までを出していき、
再び中くらいの音を通って低音を出していくという練習がよく行われます。
しかし、性別や年齢、その人の声によっても出し易い音の高さは変わってきますし、
出ない音を無理矢理出させるのではなく、それぞれの人にとって自然な音から発声練習を始めてくれる
インストラクターが多いのではないかと思うので、初心者の方もそれほど心配はいらないのではないでしょうか。
そして、発声練習を終えたあと、実際に曲を歌ってみるという時間を設けてくれることが多いです。
曲選びは、初めてのレッスンのときにインストラクターと相談して決めても良いですし、
どうしても歌いたい曲がある人は、楽譜を持って行っても良いでしょう。
もし、初回の時点で、その曲を歌うのが難しそうな場合は、希望の曲が歌えるようになることを目標に
別の優しい曲からスタートするのもお勧めです。
相性の合うインストラクターと出会い、声を出す楽しさを味わってみてください。