腹式呼吸と息継ぎで歌声を楽に上手に

ボイストレーニングは教室などに通ってボイストレーナーからの指導を受けるもの、といった考えをお持ちの方もきっと多いことでしょう。
歌手志望や声を扱うお仕事を志していなくても、趣味や教養としてもボイストレーニングを習っている方も多いですし、気楽に始めることができます。
しかし、実際にボイストレーナーからの指導を受けることはもちろん大きな価値がありますが、週に一度などの少ないトレーニングのみでは、発声において正しい技術はなかなか身に付きにくいものです。
ボイストレーニングは自分での自宅での練習はトレーニングも重要なウエイトを占めています。
自分で時には試行錯誤することによって、世界で一つだけの自分の声をより良いものへと導けますし、優れた感覚を覚えこませることが出来ます。
自宅で出来るボイストレーニングの方法には多くのものがありますが、声を出さずに簡単におこなえる方法として、ペットボトルを用意する方法が挙げられます。
ペットボトルを口に咥え、ペットボトルの中の空気を一生懸命吸い込みましょう。
それによって、ペットボトルが凹めば成功です。
これを実際にやってみると、ペットボトルをへこませるためには意外と大きな呼吸量が求められることに気が付くでしょう。
女性の方や普段なかなか肺活量を使わない方であれば、結構難しいかもしれません。
そこで求められるのが、腹式呼吸です。
腹式呼吸は非常に効率の良い呼吸法であり、お腹を使って呼吸を行なえるので空気の通り道がしっかりと確保されています。
胸式呼吸と比べてみると、同じくらいの肺活量でも非常に息を保ちやすくなりますし、楽に長く息を吐ききることが出来ます。
ペットボトルをへこませるときには、ぜひ腹式呼吸をおこなって呼吸の感覚を覚えておきましょう。
ペットボトルを使う練習方法の良さとして、息継ぎにも応用できるので、歌を歌うときにも実践的に役立ちます。
歌を歌う時に、長いフレーズを歌いきるときなどには短い合間にしっかりとした息継ぎをしておくことが求められます。
カラオケで人気の曲の中にはアップテンポで息継ぎのタイミングがごく限られてくる曲も見られがちですし、歌声の質の高さを保つためには、息継ぎは非常に重要なのです。
ペットボトルを力強く吸い込むようにして息継ぎすると、一度に多くの空気を取り込むことが出来ます。
歌を歌うにあたっては、声を用いますが、声は呼吸と密接な関係があります。
腹式呼吸で息継ぎが上手くなれば、楽に歌を歌えるようになるので、歌唱力アップに繋がります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s