ボイストレーニングの心構え

カラオケなどに行く場合は、やはり歌が上手い方がいいですよね。そんな場合は、ボイストレーニングをすると良いと思われがちですが、ボイストレーニングの本来の目的は、自分の声をコントロールする事なのです。自分の声を思ったように出せるように訓練をする事です。ただ歌が上手くなりたいというのは、動機にはなるでしょうが、本来のボイストレーニングの意味とはちょっと違うと思います。
歌を上手く歌うだけでなく、高い声、低い声、強い、弱い、など自由自在に声が出せたら、とても楽しいですよね。ものまねだって上手に出来るようになるかもしれません。ものまねが上手な人は、自分の声をキチンとコントロール出来ている人なのです。

ボイストレーニングというと、通常ボイストレーナーという声の先生に習いますが、プロを目指すのでなければ、独学で出来ない事もありません。
しかし、問題点が一つあります。発声法や腹式呼吸の方法が果たしてそれで正しいのか?自分では判断はつきにくい事です。
やはり一回でも二回でも、専門のトレーナーさんにレクチャーを受け、正しい発声法や腹式呼吸法を学ぶ事が近道だと思います。日々のトレーニングも重要だし、自分の声を録音して聞いてみるのも重要です。初めは録音された自分の声を聞くのが苦痛かもしれませんが、自分の声を客観的に判断出来る事が重要なのです。でないと自分で効果がわかりませんから。
更に声を出すには声帯だけでなく、背筋腹筋など全身の筋肉を使います。基本となる体力が無ければボイストレーニングもままならないのです。話す声は通常胸式呼吸で話していますが、歌う場合は腹式呼吸が重要になってきます。この腹式呼吸が厄介で、腹式呼吸が出来たとしても、歌う時には何故か胸式呼吸になってしまう人がいます。腹式呼吸で声を出すコツを学ぶのがボイストレーニングの大事な一歩なのです。

最近では、ボイストレーニングの本もありますし、DVDなども発売されています。ネットを検索すれば練習の仕方の動画をアップしてくれている人もいますから、腹式呼吸の為の筋肉トレーニング等も自分で出来そうです。ボイストレーニングに拘わらずとも健康増進にも役立ちますし、筋肉は鍛えておいて損は無いと思います。
何はともあれ、まずはチャレンジする気持ちが重要では無いでしょうか?自力で自分が納得出来る程度まで上達出来る場合もありますし、頑張ってみて、それでもどうにもならない時には、専門家に師事を仰ぐという方法もあるのですから。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s