現代のボイストレーニングの必要性

ボイストレーニングと言うと歌手や声優にアナウンサーなどの声が資本となる仕事の方のみが受けるイメージを昔は持たれていましたが、今はハキハキと話す必要がある営業職や管理職の会社員の方や、スピーチが苦手な方など人前で話す事に自信が無い場合にもボイストレーニングを受ける事が急増しています。
聞きやすく自信が垣間見え堂々と話せる方の話には、万人が納得出来る説得力を感じられますよね。
早いと小学生などの子供の頃から習い事の1つとしてボイストレーニングを受け、特にこの先国際的なコミュニケーション力が必要とされる現代っ子のお母さんの間では人気な習い事となっています。
受けて損はないボイストレーニングですが、初心者には一体どういったものなのかがイマイチ想像が出来ないと思います。
少し前に映画化された、英国王のスピーチという映画をご覧になった方は、作中の練習場面がボイストレーニングのイメージとして分かりやすいですね。
ボイストレーニングは決して歌の為のトレーニングと言う訳ではなく、正しくは発生練習の事を指します。
トレーニングの種類も、上記の様に子供が出来る比較的軽いものから、歌手やアナウンサーなどのプロの為のトレーニングと、レベルが幅広く設定されています。
高齢化社会の現代では、ストレス発散やボケ防止の為に高齢者が自ら進んでボイストレーニングを受ける事も増えて来ました。
発声練習で大切な事は、正しい姿勢と正しい呼吸法をまずは身につける事です。
1番通る大きな声を出せるのは腹式呼吸ですが、本格的なボイストレーニングを求めていない方には正しい姿勢と、通常の胸式呼吸に少し意識を加える事でもかなり発声の効果が現れます。
正しい発声法は習って体感する事が1番なので、よりボイストレーニングの効果を高めたい方には腹式呼吸をマスターする事をオススメします。
ボイストレーニングを行うと、声帯周辺の筋肉を鍛える事によって喉の疲れが出づらくなるメリットがあります。
すぐに声が枯れてしまう方や、声が日によって安定しない方は是非ボイストレーニングの教室で、専門のトレーナーの元で喉の筋肉を鍛えて欲しいですね。
声量や声質も、段々とより聞きやすいものへと変化していきます。
レベルを高めていけば、ビブラートなどの歌のテクニックも身につける事が出来、カラオケも上手に歌える様になります。
声はその人を示す大切な要素の1つですので、少しの努力でより良い声を体得出来るボイストレーニングを、自分を高める為に是非行って欲しいと思います。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s