腹式呼吸の方法について

ボイストレーニングの第一歩は呼吸法をマスターすることです。胸式呼吸と腹式呼吸という言葉を聞いたことがあると思いますが、普段普通にしている呼吸は胸式呼吸です。寝ているときやリラックスした時には腹式呼吸になっています。腹式呼吸といってもお腹に直接空気が入っているわけではありません。肺の深いところで息を出し入れすると、肺の下にある横隔膜が肺に押されます。そのせいで横隔膜の下にある内臓が圧迫されて、横からみるとお腹が膨らんでいるように見えるので腹式呼吸というわけです。

胸式呼吸の場合は肺に入る空気の量が少ないので、歌を歌う場合はどうしても不安定になってしまいます。その点腹式呼吸だと貯めておける空気の量が胸式呼吸よりも多いので、安定した声を出す時に役立ちます。それで歌を歌うときには腹式呼吸の習得が大事になってくるのです。

それではどのようにしたら腹式呼吸が出来るようになるのでしょうか。まず足の幅を肩幅くらいに広げてできるだけいい姿勢でまっすぐに立ちます。自分ではまっすぐに立っているつもりでも、人間の身体は段々歪んでくるので、どちらかに傾いている方も見受けられます。できれば全身が映る鏡の前でトレーニングをするといいのですが、そのような大きな鏡が無い場合はまっすぐに立っているかどうかを、誰かに一度確認して貰ってください。

そして腹式呼吸の際に一番大事な場所が丹田と呼ばれる、おへその少し下の部分です。おへそから下に指を3本あててみてください。だいたいそこがあなたの丹田です。まず息をゆっくり吐いてお腹がへこむまで吐き切ります。最初のうちは出来るだけゆっくりやってみてください。そして今度は丹田を膨らませるようなイメージでゆっくり息を吸ってください。急いでやると胸式呼吸になってしまうので、あくまでゆっくりすることが必要です。胸式呼吸の場合は呼吸と同時に肩や胸が動いたりするので、お腹回りだけが膨らんでいっているようでしたら、腹式呼吸が出来ているということになります。

腹式呼吸ができるようになったら、今度は実際に音を出してみましょう。お腹の空気を出し切る時に「フー」という声を出して見てください。大きな声である必要はありません。あくまでお腹の中に入っている空気を全部外にだすというイメージです。その時にも丹田だけを意識するのではなく、丹田回りの腹筋や背筋の存在を意識してください。お腹から空気を出す際の動きを腹筋や背筋でもサポートする感じです。そのように丹田回りの筋肉を全て活用して声を出すことで腹式呼吸がうまくできるようになります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s