ペットボトルで声量を増す方法

歌手が歌っている動画を見ると、声量が大きな方のほうが迫力もありますし、より歌もうまく感じますね。
逆にどんなに音程が取れていても、声量が出ていない歌手ですと、何を歌っているのか聞き取れなかったりします。

声量は、歌を歌う時、非常に重要な要素になってくるのです。

自分も歌の技術を上達させたいと思った時、音程や歌い方以上に声量を増やすことに注目してみる必要があるのです。

声量を増やしたいと思った時、腹筋などの筋トレは必須になります。
筋トレを行うと腹式呼吸に必要なお腹の筋肉を鍛えることができますので、スムーズに大きな声をだすことが可能になるのです。

それに加えてペットボトルなどのアイテムを使用してトレーニングを行ってみると、さらに効率的に声量をアップさせることができます。

ペットボトルを触ってみるとわかりますが、つぶす時にも結構な力がいりますね。
この頑丈なペットボトルを使用することにより、腹筋を力をつけることができるようになるのです。

ペットボトルを使った声量アップの方法は簡単に行うことができます。

まず、肺の中に溜まった息を限界まで吐き出します。
息を吐き出すときには肺の中に空気が残らないように、すべて吐き出すようにしましょう。
苦しいからと言って中途半端に息を吐き出していると、十分な量の空気を吸うことができなくなってしまいます。

息を吐き出した後には、ペットボトルを口にくわえた状態で思いっきり空気を吸うようにします。
体の底から空気を吸うとペットボトルがつぶれますね。
最初の内にはペットボトルがつぶれるまで空気を吸い込むことは難しいかもしれませんが、何度も繰り返すうちに無理なくボトルをつぶせるようになるでしょう。

充分な空気の量を吸いこんだら、ペットボトルを口からはずし、お腹の中から声を出してみます。
この方法を行うことにより、声量不足だった方も充分な声量を出せるようになりますよ。

ペットボトルを使用すれば、今現在の時分の肺活量も知ることができますし、声量が充分だと思っていた方でも、意外に肺活量が足りていないと考えを改めることもできます。
声量は、歌声に安定性を持たせるために重要になりますので、今以上に声量を増したいと思った時には、積極的に試してみるとよいです。

ただし、ペットボトルでのトレーニングを行う時には、姿勢が伸びているのかチェックもしておきましょう。
せっかくトレーニングを行っても、背中が丸まっている状態ですと十分に息を吸ったり吐いたりできなくなってしまうからです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s