ボイストレーニングの基本的なやり方

 ボイストレーニングとは、正しい姿勢で腹式発声を行うことによって、高音を喉を痛めることなく出すことが出来るうようになる訓練方法のことです。正しい姿勢とは、お腹から出した空気がスムーズに喉を通るような姿勢のことです。無理な姿勢で発声を行うと喉を痛めてしまう原因となってしまいます。高音を出す為に、体をねじったような状態で発声を行う人を見かけますが、あのような体の状態をとることなく高音を出すことが出来るようになるのが、ボイストレーニングの目的となっています。お腹から出した空気をスムーズに喉から出すためには、喉とおへその位置が直線状にあるのが理想的です。しかし無理に真っ直ぐにすることのみを強制してしまうと首や肩に必要以上に力を入れてしまう原因となってしまいます。その人が無理なく発声を行うための姿勢を見つけるという事もボイストレーニングの目的となっています。ボイストレーニングは、何も無理なことを行っているわけではありません。たとえば大声で笑うという事もボイストレ—ニングの一種であるといえます。大きな声で笑う事が出来る人は、高音部の発声も上手に行えている人が多くみられています。長く続けるためには、なるべく無理のないトレーニングを少しずつ行う事が必要です。筋力トレーニングなどでお腹の筋肉を鍛えるというのも方法の一つではありますが、まずは深呼吸のような呼吸をお腹を使って行う事から始めるのが適当です。簡単に行えるトレーニングの方法としては、まずはおへそと喉の位置がまっすぐとなるような姿勢をとります。一度頭を上に向けて、ゆっくりと息を吐きながら元の位置に戻すと喉が開いた状態となります。次にお腹を膨らませながら息を吸い込みます。このときにお腹に手を当ててお腹が膨らむのを確認しながらゆっくりと行うとより確実となります。次にお腹をへこましながら口から息を吐き出します。充分に息を吐き出したのを確認してから再び鼻から空気を吸い込みます。鼻で吸って口から吐くというのが基本であり、吸った時にはお腹の下のほうにまで空気を吸い込むような感じで行うことによって、お腹の下の部分の筋肉も意識されることになり鍛える事が出来ます。空気を吐き出す時には大きくお腹を使用することを意識します。これを時間があるときに数回繰り返すことによって、腹式呼吸と喉を開くという作業と正しい姿勢とを身につけることになります。出来るだけ空気の流れを意識しながら行う事が必要です。血液の流れも良くなるので、不眠が改善されるなど健康上にもメリットがあります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s