ボイストレーニングは姿勢を保つことが大切

カラオケが苦痛であるという方が増えてきています。
いまの時代は事あるごとにカラオケに行く機会が多いです。
そこで歌うわけですが、苦手な方はやはりつらいものです。
十八番というものを持っていればいいのですが、
それもない方は悩んでしまうところです。
そのようなカラオケが苦痛ではなくなる方法としましては、
ボイストレーニングというものが存在をしています。
ボイストレーニングを行うことで圧倒的に歌がうまくなることもあります。
ちょっとしたコツをつかむことで歌については変化していくこともあります。
ボイストレーニングには大きな力が秘められています。

そこで初心者の方ですが、何も高等なテクニックを得ていくような必要性はありません。
まずは姿勢を保つようにしていくべきです。
いつも同じような姿勢を確保していくことで広い音域の声が出るようなこともあるのです。
それを行うことでいい声というものが出やすい状況を作り出せます。

ではそのボイストレーニングの一環としての姿勢というものですが、まずは目線があります。
目線につきましては、歌に自信がありませんと下を向いてしまうこともあるでしょう。
下を向いてしまいますと、やはり声もこもってしまいます。
それではいけませんので、なるべく上のほうに視線を持っていきましょう。
良いとされる角度ですが、45度くらいに設定されるとよろしいです。
そして少し遠くを見るような感覚にしていくと良いでしょう。
たったそれだけでも大きな違いというものが生まれてくるのです。
声が伸びやかになるという効果を生みます。
たか、広い音域の声が出やすくなります。
ちょっとしたことですが、それでも大きなボイストレーニング効果を生んでくれます。

また、目線以外にはあごの位置というものも確認していくべきです。
あごの位置一つでも歌い方に大きな違いが生まれてくることが考えられるのです。
あごの位置ですが、位置によりましては声がこもってしまうことも大いに考えられます。
一般的に顎を引きすぎたり、下を向いうてしまいますと声がこもることになります。
まずは正面というものがあります。
正面を確保して歌うようにしましょう。
また高音を出す時荷が少しあごを上に向けていくと声が出やすくなります。
あごの位置を調節しながら声を出すということを覚えるのも、
立派なボイストレーニングになるというわけです。

ただ、あごの位置ですがあまり小刻みに変化させるのはいけません。
ある程度は安定させておくことも必要になります。

以上のようにボイストレーニングは目線やあごの位置などの姿勢も重要です。
しっかりと認識をしてトレーニングを積みましょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s