ボイストレーニングとは

ボイストレーニングの様々な可能性は、政治家の効果的なスピーチから、ビジネスシーン、家庭でのコミュニケーションまで、幅広く活用されてきていて、近年になって日本においても認知度が高まってきています。
スクールも多いですが、自宅でも気軽に行え、専用の教材、マウスピースといったグッズが幅広く売られるようになっています。

ボイストレーニングを行うにあたって必要なのは、正しい姿勢で立つことで、これはいずれのボイストレーニングの方法であっても大して変わりません。
鏡などで正しい姿勢かを確認できると尚良いようです。
変な力を入れず、身体を楽に伸ばし、特に首の周辺を良く伸ばし、ストレッチ的効果で心身ともにリラックスする、という基本の姿勢には、猫背の予防、猫背による内臓機能低下のストップ、肩凝りの改善といった効果が期待されているそうです。
そして息を吸ったとき、お腹が膨らむのを確認できれば、腹式呼吸している証拠、といわれます。
腹式呼吸により、歌う際、息をコントロールした歌唱法を操作することが可能になりますので、この点はやはり非常に重要なのです。
吐く息のコントロールをできれば、効果的な様々な発声のし方をさらに細かく、テクニカルに学んでいくことが可能だといわれています。

吐く息をコントロールすることで実現される歌唱法の一例として、息を吐く際に唇をプルプル震わすのと同様な具合で巻き舌を震わせるタングトリル、息を吐く際に、唇をプルプル震わすリップロール、同じ音を伸ばすことで実現されるロングトーン、ミドルボイスともいい、地声と裏声を合わせた音域などとされるミックスボイス、合唱形式で頻繁に使用されるやさしげな裏声であるファルセット、さらにはそれらの組み合わせがあります。
これらのうち、リップロールとタングトリルは、発音が特別上手くなる歌唱法として、しだいに知られるようになってきました。

このように、姿勢や呼吸法を含め発声自体をテクニカルに練習した声と、そうでない声には、説得力や魅力の違いが歴然としてくる可能性が強いのです。ボイストレーニングの特別なレッスンを受けた候補の勝利に終わったアメリカ大統領選などはその最たる例の1つ、といえそうです。もちろん、ビジネスを含めたコミュニケーション現場だけではなく、歌の上達や、通常の声の質の魅力の向上の点からも、これらボイストレーニングの需要は、アメリカや芸能およびマスメディア・医療現場などのビジネスシーン、各家庭の個人生活などにおいて、高まっていくに違いありません。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s