Monthly Archives: May 2011

腹式呼吸のやり方

「通る声を出すためには腹式呼吸が必要」というのは、ボイストレーニングをしたことのない方でも一度は聞いたことがあると思います。「お腹から声を出す」というイメージは何となくわかっても、実際に腹式呼吸で声を出す方法がいま一つピンとこない方がたくさんおられます。ここでは腹式呼吸のやり方について分かりやすくご説明しましょう。

まず初めに、「実際の呼吸はお腹ではしていない」ということを理解してください。当然のことながら、呼吸は肺で行われます。吸った息がお腹の中を出たり入ったりすることはありません。

私たちの身体の中には、肺の下に横隔膜という膜があります。正しい腹式呼吸ができているとき、この横隔膜が下、つまりお腹の方向へ下がって膨らみます。横隔膜が下がることで、肺がふくらむスペースが大きくなり、鼻から吸った空気を肺にたくさん入れることができるのです。

つまり、「腹式呼吸をするとお腹がふくらむ」のではなく、「横隔膜を下げると肺にたくさん空気が入り、出す声が胸骨の内部で響く」というわけです。

しかし横隔膜は外から見えないため、横隔膜をどうやって動かしてよいのか分からない方もいらっしゃると思います。そんな方はまず、床やベッドに寝転がってみてください。横になっているときは自然に腹式呼吸になるため、横になって身体をリラックスさせれば腹式呼吸はカンタンにできます。これで腹式呼吸をすると呼吸が深くなって、肺に多くの空気が入る感覚を確かめます。

寝転んで腹式呼吸の感覚を覚えたら、立ち上がります。立ち上がった時に「姿勢よく立たなければ!」と力んでしまうと、かえって肩や背中に余計な力が入って胸式呼吸になってしまいがちですので、姿勢の良さよりもリラックスを心がけます。

腹式呼吸のために大切な姿勢は、実は足の裏への体重のかけ方でずいぶん改善することができます。立った時に床(地面)に接している足の裏に意識を集中し、かかとからつま先まで、どこにも体重がかたよらずにまんべんなく体重がかかるように立ちます。足の裏から身体の上のほうに向かって順に、ひざ、太もも、腰、おなか、胸、肩、首、頭がすべて前後左右バランスよく体重がかかるように立ちます。

次に息を限界まで吐き切ります。「これ以上息が出ない!」と感じてからもまだ息は出ますので頑張って。「限界!もう無理!」というまで息を吐き切ったら、息を吸います。これで腹式呼吸ができているはずです。

息を「吸って→吐く」のではなく、「吐いて→吸う」という順で練習するだけで、腹式呼吸はカンタンにマスターできます。

Advertisements

ボイストレーニングは体を動かしてから行うべき

“歌がうまくなりたい方や、
声をしっかりと出していきたい方に注目していただきたいのがボイストレーニングです。
ボイストレーニングは、それほど難しいものではなく自宅で出来るものまであります。
もちろん、そのようなコースのあるスクールに通うと確実です。
しかし、お金をかけたくないという方は、
まずは自宅で行えるようなトレーニング方法を知っていくと良いのではないでしょうか。

そのボイストレーニングですが、まずはしっかりと体を動かすということを行う必要があります。
声を出すということと歌うということは、かなり密接に結びついているからです。
身体を動かすとといううことですが、何もランニングをしなければいけないわけではありません。
いわゆるストレッチというものを行います。
関節などを動かしやすくしましたり、身体を柔らかくするようなことを行っていきます。
そういったことが声を出しやすくするなどの効果を発揮してくれるようになるのです。

ではそのストレッチの方法を確認していきましょう。
まずは首の運動が重要です。
喉に直結する部分ですので、重点的にストレッチしていくことがお勧めです。
首につきましては前後左右にゆっくりと倒していくことが必要です。
手などで頭を押さえながら行っていくのもよろしいでしょう。
数回繰り返して行うと首のほうがだいぶほぐれてきますので、おすすめできる運動となります。

また歌というものはしっかりと口を開いていくことも必要です。
ですので、顔のマッサージを行います。
顔のマッサージですが、主に頬の部分をほぐすように行いましょう。
そうすることで、口がしっかりと開くようにもなるのです。
口がしっかりと開くとおおきな声を出せるようになりまして、
効率的なトレーニングをしていくことができるようになります。

そして背筋についてもストレッチは行います。
背筋についてはしっかりと伸ばしていくことが必要です。
そもそも、いい声を出すためにはいい姿勢というものが必要です。
猫背になってしまいますと、声がしっかりと出ません、
ボイストレーニングの意味さえなくなってしまいます。
背筋をしっかりとほぐしていきまして、伸びやかな声を出せるように考えていくことが重要なのです。

以上の運動を必ず歌を歌う時などに行っていくことが必要です。
例えば、ボイストレーニングを行っているスクールではそういった運動を必ず取り入れてきます。
やるとやらないとでは声の質が全く違うということを知っているからです。

丹田を意識して腹筋を鍛える方法

遠くに響くようなプロのような声は、ボイストレーニングによってつくられています。
天性の才能があると思えるような歌手でも、実際のところ、ボイストレーニングによって美しい歌声を手に入れているのです。
自分の声に自信がなかったり、声が元々小さいため歌手をあきらめている方でも、正しいボイストレーニング法を実践することにより、プロと同等の歌声を手に入れることは可能になります。

ボイストレーニングの基本は腹式呼吸にあります。
これはどの歌手も日頃から行っていることですので、歌手を目指すときには腹式呼吸ができる様にレッスンを積んでいく必要があるのです。

腹式呼吸というと、まずはジムに通ってひたすら腹筋しなければいけないと思ってしまいますね。
ただがむしゃらに腹筋を鍛えても、丹田を意識しないままだと全く意味がなくなってしまうのです。

呼吸を行う時には、おへその下あたりにある丹田を意識して呼吸を繰り返すことにより、お腹の筋肉を鍛えることができるようになりますよ。

特にジムなどで腹筋を鍛える時には、丹田のある場所を意識しながらその場所を鍛えるようにトレーニングを行ってみるとよいでしょう。
ジムでは、健康、美容目的の方以外にも、歌の上達のために通われている方も多く存在しています。
実際に歌手の方も、毎日ジムに通ってトレーニングを行っていたりしますね。
それだけ腹筋や丹田を鍛えることは重要になります。

自分ひとりで丹田を意識することが難しいと思った時には、インストラクターの方に声をかけてみるのもお勧めです。

インストラクターは、人の体や筋肉について詳しい知識を持っていますし、丹田についても深く理解していますね。
自分で丹田の場所がわからない、どのように意識していいのか困ってしまうという方は、インストラクターに相談することで、丹田に効くトレーニング法を伝授してもらうことができるでしょう。

このように、ジムでトレーニングを行うほかに、日頃の生活で自分なりのトレーニングも行っておきたいですね。

自分でトレーニングを行う時には、特別腹筋を鍛える必要なく、生活の中で行える方法も知っておくとよいです。

例えば人と話すとき、丹田を意識して話すようにすると、自然と大きな声を出すことも可能になります。
また、丹田を意識する時間もそれだけ多くなりますので、自然のうちに腹筋を鍛えることもできるでしょう。

腹式呼吸を身に着けるためには、このような点から努力してみるとよいですよ。

憧れの高音を出すには裏声トレーニング

ボイストレーニングは、声を正しく発声するテクニックを学ぶためには非常に価値がありますし、自分の声をより多彩かつ繊細なものへとグレードアップさせる技術を身に付くものです。
将来歌手を夢見る方のみならず、カラオケで上手く歌いたいといった目標や、接客や会議など人前に立つ時に自信を持ってよく通る声を出したいといった場合にも役立ちます。
特に、ボイストレーニングをしている人と未経験の方で差が付きやすい技術として、高音の出し方が挙げられます。
高音は声が低い方であれば本当に出しづらく感じるにもかかわらず、流行の曲のサビなどには頻繁に使われていたりと、カラオケ上達においても大きな壁となる存在であります。
高音を攻略するためには、ぜひ裏声を強化することに取り組んでみるとおすすめです。
裏声は最初はほんとうに貧弱で声量が小さなものであっても、練習次第で地声のようなパワフルさへと変貌させることが出来ます。
成長が著しいのでたいへん練習しがいのある存在ですが、初心者のうちは喉を痛めるきっかけともなりやすいので、小さな声で練習し、なおかつ20分以内の練習にとどめておくと良いでしょう。
裏声を出すのに慣れないうちは、特に喉の状態に気をつけておくことが重要です。
喉を痛めないためには、声を連続して使いすぎないことや定期的に水分補給することが大切です。
カラオケの場合でも、一曲歌い終わったら一分間は沈黙しておいたり、アルコールやたばこを避けてこまめに水分を摂ってあげると、声を枯らしにくくなるのでおすすめです。
また、ボイストレーニングではリラックスした姿勢で歌うことも大切です。
裏声の出し方には大まかに分けて息が漏れているか漏れていないかによって分かれます。
ファルセットのような裏声であれば、息漏れしています。
ウィスパーボイスをイメージするとわかりやすいですが、吐息に乗った歌声が繊細で美しい表現を果たしてくれます。
また、ミックスボイスやヘッドボイスであれば息漏れは見られにくいです。
息を漏らさない裏声を出すためには、「ほーーー」と高音でやさしく発声してみると、イメージがつかみやすいかもしれません。
声帯は練習を積み重ねていくうちに鍛え上げることが出来るので、最初は息が漏れない裏声を出すのが難しくても、次第に自然と出来るようになるケースが多く見受けられます。
ミックスボイスは感覚の習得が難しいですが、地声と裏声が切り替わる喚声点よりも少し下の音域で、練習してみると良いでしょう。

ボイストレーニングと腹式呼吸

みなさんボイストレーニングってしたことありますか?今日は皆さんにとっておきのお家でも簡単に出来るボイストレーニングの方法をお教えしちゃいます。
ボイストレーニングなんて、簡単な反復練習だと思う方々もいらっしゃるでしょうが、実はこうしたまめな練習が後々の結果となって表れるので、まずは面倒がらず頑張りましょう!!
どんなスポーツや勉強、習い事、お稽古事でもそうですが、なんといっても継続は力なり。なにより続ける事が大切です。続ける事を意識して毎日頑張りましょう。
最初はゆっくり大きく息を吐いて、吸うだけの簡単なボイストレーニングからスタートです。
このボイストレーニングでは、いわゆる腹式呼吸と呼ばれている呼吸法を使いますので胸が膨らんだり縮んだりすることが無いように注意して下さい。
スタートしたばかりの頃は、慣れるまでおへその下に手を当て、お腹の動きを意識を向けましょう。
まず「ふっー」と大きく息を5秒間程吐き続けてください。
それから、5秒間程息を止めて待ちます。そしてその後息を5秒間程吸いこみます。
この5秒間の呼吸練習を1セットとし、30セットほど繰り返します。約5分程度の練習となります。
そのあと、先ほどと同じ方法で今度は5秒から10秒間に秒数を増やします。それを30セット10分かけて行います。
腹式呼吸だけのトレーニングで10分も行うのは飽きてくるでしょうが、これが基本となりますのでしっかり行ってください。
コツとしては、呼吸が長くなればなるほど、吐く息は細く長くすることです。
この基本の腹式呼吸トレーニングを継続しないと応用ができません。繰り返し、反復することでしっかり基本を身に着けてください。
息をフーと吐いているので口で1、2とカウントできませんが頭の中で数えながら行ってください。
または時計の秒針を見ながら行ってもでも良いですし、ストップウォッチを使う事もオススメできます。
お腹の真ん中あたりのおへその周りを意識して、吐く、吸うを繰り返して腹式呼吸のトレーニングをしてください。
長く息を吐く事を繰り返しトレーニングしていると段々と体が慣れてきます。ところが、息を吐き切った最後の方はおなかの中に吐く息がなくなり、腹筋がプルプルして苦しくなってきます。
こうして限界を超える事で大きな綺麗な声が出てくるようになるのです。
そして、何といっても継続は力なり。まずはボイストレーニングとしてこの腹式呼吸を繰り返し練習し、大きく綺麗な声が出せるよう頑張ってください。

エッジボイスを出すためのボイストレーニング

声を劇的に変え、説得力や魅力を増す方法などとして、近年になって、美容や健康の観点からも注目されるようになってきた、ボイストレーニングですが、その方法には様々な種類があります。
高い声を出すためのボイストレーニングの手法には、代表的なものでも、幾つかの種類がありますのでご紹介していきましょう。

最初に、エッジボイスというボイストレーニングについてご紹介しましょう。
エッジボイスの特徴は、倍音が多く、まれにノイジーで、やや不規則な感じで発生する声で、さらに細かく言えば、声帯以外においても雑音が発生している場合、そんな雑音といわゆる声自体が分離したように聞こえる声、ということになります。
このような声は、声門閉鎖がどれくらいか、とそれへの呼気の流れ方がどれくらいか、によって大抵決まってしまいます。
声門閉鎖が全体的かつ均一的に弱いが、呼気が多くなっている場合、エッジボイスが発生しやすくなり、声帯伸展があるほうがより良いエッジボイスになる、といわれています。
このような状態の声帯の表面は、細かい振動をしやすくなっていて、声帯の開閉は不規則となっています。
声を出す主体側の感覚的に表現してみると、高めの音域の音を、のどにあまり力を入れず「軽く」扱いながら、腹からの息をできるだけ多量にソフトさを心掛けつつ出してしまう、というタイプの発声ということになります。

この、エッジボイスのボイストレーニングの基本的なやり方をご紹介しましょう。
まず、「ア」と発声する口の状態を作りましょう。
次に、腹式呼吸になりましょう。
そして、ゆっくりと息を吐いていきます。
だんだんと、その吐く息が、声として聞こえるくらいにまで大きくなるのです。
こうして聞かれる声が、エッジボイスといわれるものになるのです。

初めて挑戦する人には難しいかもしれませんね。
しかし、息を軽くとめたり、また吐いたりしているうちに、息と声の境を上手くコントロールできるようになることでしょう。

あくまでゆっくりと、そしてできるだけ余分な力がかからないようにリラックスした状態で声を出していきましょう。
ポイントは、いきなり大声で響かせようとせず、小さなボイスから始めよう、と心掛けて、腹式呼吸を根気強く続けることです。
小さな声のほうが、息をコントロールしやすいため、しだいにうまく感覚を掴めるようになってくるといわれています。

日常の魅力的なボイスのための参考にしてみてください。