エッジボイスを出すためのボイストレーニング

声を劇的に変え、説得力や魅力を増す方法などとして、近年になって、美容や健康の観点からも注目されるようになってきた、ボイストレーニングですが、その方法には様々な種類があります。
高い声を出すためのボイストレーニングの手法には、代表的なものでも、幾つかの種類がありますのでご紹介していきましょう。

最初に、エッジボイスというボイストレーニングについてご紹介しましょう。
エッジボイスの特徴は、倍音が多く、まれにノイジーで、やや不規則な感じで発生する声で、さらに細かく言えば、声帯以外においても雑音が発生している場合、そんな雑音といわゆる声自体が分離したように聞こえる声、ということになります。
このような声は、声門閉鎖がどれくらいか、とそれへの呼気の流れ方がどれくらいか、によって大抵決まってしまいます。
声門閉鎖が全体的かつ均一的に弱いが、呼気が多くなっている場合、エッジボイスが発生しやすくなり、声帯伸展があるほうがより良いエッジボイスになる、といわれています。
このような状態の声帯の表面は、細かい振動をしやすくなっていて、声帯の開閉は不規則となっています。
声を出す主体側の感覚的に表現してみると、高めの音域の音を、のどにあまり力を入れず「軽く」扱いながら、腹からの息をできるだけ多量にソフトさを心掛けつつ出してしまう、というタイプの発声ということになります。

この、エッジボイスのボイストレーニングの基本的なやり方をご紹介しましょう。
まず、「ア」と発声する口の状態を作りましょう。
次に、腹式呼吸になりましょう。
そして、ゆっくりと息を吐いていきます。
だんだんと、その吐く息が、声として聞こえるくらいにまで大きくなるのです。
こうして聞かれる声が、エッジボイスといわれるものになるのです。

初めて挑戦する人には難しいかもしれませんね。
しかし、息を軽くとめたり、また吐いたりしているうちに、息と声の境を上手くコントロールできるようになることでしょう。

あくまでゆっくりと、そしてできるだけ余分な力がかからないようにリラックスした状態で声を出していきましょう。
ポイントは、いきなり大声で響かせようとせず、小さなボイスから始めよう、と心掛けて、腹式呼吸を根気強く続けることです。
小さな声のほうが、息をコントロールしやすいため、しだいにうまく感覚を掴めるようになってくるといわれています。

日常の魅力的なボイスのための参考にしてみてください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s