憧れの高音を出すには裏声トレーニング

ボイストレーニングは、声を正しく発声するテクニックを学ぶためには非常に価値がありますし、自分の声をより多彩かつ繊細なものへとグレードアップさせる技術を身に付くものです。
将来歌手を夢見る方のみならず、カラオケで上手く歌いたいといった目標や、接客や会議など人前に立つ時に自信を持ってよく通る声を出したいといった場合にも役立ちます。
特に、ボイストレーニングをしている人と未経験の方で差が付きやすい技術として、高音の出し方が挙げられます。
高音は声が低い方であれば本当に出しづらく感じるにもかかわらず、流行の曲のサビなどには頻繁に使われていたりと、カラオケ上達においても大きな壁となる存在であります。
高音を攻略するためには、ぜひ裏声を強化することに取り組んでみるとおすすめです。
裏声は最初はほんとうに貧弱で声量が小さなものであっても、練習次第で地声のようなパワフルさへと変貌させることが出来ます。
成長が著しいのでたいへん練習しがいのある存在ですが、初心者のうちは喉を痛めるきっかけともなりやすいので、小さな声で練習し、なおかつ20分以内の練習にとどめておくと良いでしょう。
裏声を出すのに慣れないうちは、特に喉の状態に気をつけておくことが重要です。
喉を痛めないためには、声を連続して使いすぎないことや定期的に水分補給することが大切です。
カラオケの場合でも、一曲歌い終わったら一分間は沈黙しておいたり、アルコールやたばこを避けてこまめに水分を摂ってあげると、声を枯らしにくくなるのでおすすめです。
また、ボイストレーニングではリラックスした姿勢で歌うことも大切です。
裏声の出し方には大まかに分けて息が漏れているか漏れていないかによって分かれます。
ファルセットのような裏声であれば、息漏れしています。
ウィスパーボイスをイメージするとわかりやすいですが、吐息に乗った歌声が繊細で美しい表現を果たしてくれます。
また、ミックスボイスやヘッドボイスであれば息漏れは見られにくいです。
息を漏らさない裏声を出すためには、「ほーーー」と高音でやさしく発声してみると、イメージがつかみやすいかもしれません。
声帯は練習を積み重ねていくうちに鍛え上げることが出来るので、最初は息が漏れない裏声を出すのが難しくても、次第に自然と出来るようになるケースが多く見受けられます。
ミックスボイスは感覚の習得が難しいですが、地声と裏声が切り替わる喚声点よりも少し下の音域で、練習してみると良いでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s