腹式呼吸のやり方

「通る声を出すためには腹式呼吸が必要」というのは、ボイストレーニングをしたことのない方でも一度は聞いたことがあると思います。「お腹から声を出す」というイメージは何となくわかっても、実際に腹式呼吸で声を出す方法がいま一つピンとこない方がたくさんおられます。ここでは腹式呼吸のやり方について分かりやすくご説明しましょう。

まず初めに、「実際の呼吸はお腹ではしていない」ということを理解してください。当然のことながら、呼吸は肺で行われます。吸った息がお腹の中を出たり入ったりすることはありません。

私たちの身体の中には、肺の下に横隔膜という膜があります。正しい腹式呼吸ができているとき、この横隔膜が下、つまりお腹の方向へ下がって膨らみます。横隔膜が下がることで、肺がふくらむスペースが大きくなり、鼻から吸った空気を肺にたくさん入れることができるのです。

つまり、「腹式呼吸をするとお腹がふくらむ」のではなく、「横隔膜を下げると肺にたくさん空気が入り、出す声が胸骨の内部で響く」というわけです。

しかし横隔膜は外から見えないため、横隔膜をどうやって動かしてよいのか分からない方もいらっしゃると思います。そんな方はまず、床やベッドに寝転がってみてください。横になっているときは自然に腹式呼吸になるため、横になって身体をリラックスさせれば腹式呼吸はカンタンにできます。これで腹式呼吸をすると呼吸が深くなって、肺に多くの空気が入る感覚を確かめます。

寝転んで腹式呼吸の感覚を覚えたら、立ち上がります。立ち上がった時に「姿勢よく立たなければ!」と力んでしまうと、かえって肩や背中に余計な力が入って胸式呼吸になってしまいがちですので、姿勢の良さよりもリラックスを心がけます。

腹式呼吸のために大切な姿勢は、実は足の裏への体重のかけ方でずいぶん改善することができます。立った時に床(地面)に接している足の裏に意識を集中し、かかとからつま先まで、どこにも体重がかたよらずにまんべんなく体重がかかるように立ちます。足の裏から身体の上のほうに向かって順に、ひざ、太もも、腰、おなか、胸、肩、首、頭がすべて前後左右バランスよく体重がかかるように立ちます。

次に息を限界まで吐き切ります。「これ以上息が出ない!」と感じてからもまだ息は出ますので頑張って。「限界!もう無理!」というまで息を吐き切ったら、息を吸います。これで腹式呼吸ができているはずです。

息を「吸って→吐く」のではなく、「吐いて→吸う」という順で練習するだけで、腹式呼吸はカンタンにマスターできます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s