音域を広げるボイストレーニング

歌を歌う時に、高い音が出なかったり、低い音が出なかったりすることがありますよね。音域というのは個人差があり、音域が狭いと様々な曲を歌いこなすことができません。しかし、音域というのはボイストレーニングによって広げることが可能だということを、みなさんご存知ですか?プロの歌手が広い音域で歌えるのも、毎日のトレーニングがあるからです。そこで、今回は音域を広げるためのボイストレーニングを紹介します。音域が広がることで、自分の歌いたい曲を、自由に歌えるようになるはずです。

低音を出すことが苦手な方は、地声が高い方に多いようです。低音を出す際に重要なのが、喉を大きく開いて、息を多く出すことです。顎を少し引いて喉を開けやすくし、お腹に声を響かせるような感覚で声を出すと、厚みのある低音を出すことができます。低音を出すためのボイストレーニングには、腹式呼吸の練習と、ロングトーンの練習があります。

腹式呼吸は、お腹に空気を入れるイメージで大きく息を吸い、お腹から息を吐くことを意識しながら行います。気をつけておきたいのは、息をしっかり吸うことです。練習をする際は、お腹に手を当て、息を吸ったときにお腹がちゃんと膨らんでいるか確認しましょう。

ロングトーンの練習は、ゆっくりと息を吸って、その吸った息を全部出し切ることを意識して行います。この練習でも、腹式呼吸の練習と同様に、お腹にしっかりと空気を入れることが大切です。少し休憩を取りながら、最初は「あ〜」、終わりは「お〜」、あ〜おまで全て行うと効果的です。この練習を長く続けることで、声量をアップさせることができるはずです。

高音を出すことが苦手な方は、地声が低い方に多いようです。高音を出すコツは、喉がリラックスした状態で変に力まずに、自分のお腹を意識して呼吸するようにする事です。高音を出す際は、遠くへ向かって歌うようなイメージが大切です。

高音を出すためのボイストレーニングに、ミドルボイスの練習があります。ミドルボイスとは、裏声の出し方の1つで、地声のような声で裏声を発声するという歌い方のことです。ミドルボイスをマスターするためには、まず裏声のまま声帯を閉じる練習が必要です。力強い音が出せるまで裏声で発声を行いましょう。裏声でも力強い音が出せるようになったら、声帯を閉じることができている証拠です。次は声帯を閉じたまま、喉を開く練習です。最初は難しいかもしれませんが、喉をしっかり開いて出す発声に、声帯閉鎖を加える要領で練習するといいと思います。声帯を閉じたまま、喉を開く感覚を身につけることが大切です。

音域を広げるために、ボイストレーニングを始めてみてはいかがですか?

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s