間違ったボイストレーニングをしていませんか?

少しでも人と差を付けたい、うまくなりたいと言った思いで行うボイストレーニングですが、皆が常識と思っていることが実は全く間違っていたと言うことがよくあります。このブログで紹介したいと思います。
まずは高い声が出ない時に焦ってしまう事、それによって声が出にくくなっていると思う事があります。
それを無理に出そうとして叫んだり、喚いたり、喉を締めて大きな声を出してしまうのはかえって喉を痛める結果になってしまいいます。原因は高音を出しすぎたわけではなく、比較的出しやすい中音域が不安定になったためで高音が出にくくなりやすいのであれば、無理の無い中音域(ミックスボイス)を出す練習をするべきなんですね。その場でも中音域の多い曲で改善できます。
そして、はじめから大きな声での練習は間違いです。
急にトップギアに入れて走るのはとても危険ですよね。運動と同じです。筋肉を傷める原因になりますよね。スポーツで急な動きで靭帯を切ったり、骨折をするのと同じで声帯も声帯を締める筋肉を傷めてしまい音声障害を起こしてしまうことがあります。ちょうどいいという言葉があるように中くらいの声やスピードが一番初めの曲にはいいんですね。
それと核となる腹式呼吸の大きな間違いで息を吸った時にお腹、特におへそから下が膨らむのはよくないと言うことです。下腹が出るのは体を緩めている状態なのでおへその下の丹田を意識して引っ込ませることが大事です。息を吸う時には丹田を引っ込ませてその状態をキープして後に息を吐くのが正しいですね。丹田を意識しない人が多いのでこれを練習に取り入れると声がしっかり安定しますね。
そして息をたくさん吸う人も良くないですね。たくさん吸えば良い物ではないですね。上半身が緊張して逆に苦しくなります。息のコントロールができなくなって息を出してしまうので息は腹八分目と同じ様に八分目で歌いきれるのが理想的です。
そして大きな声がいい訳ではありません。小さくてもいいので通る声を意識しましょう。
大きな声でもニュアンスもない、滑舌も悪い、荒っぽい声になり通りも悪くなります。通る声にするには言葉をはっきりと発音してゆっくり語るように歌うことを意識することが大事です。まるや点を意識してみましょう。聞きやすい声になります。話す時でも同じですが聞き取りやすい声は相手の事を考えたり伝えようとする気持ちが大事なんですね。

最後になりますが練習、ボイトレの際の頑張ります!は力みにつながるので是非、リラックスを意識してみましょう。
どうでしょうか。もし自分が間違った練習を行なっていたら見なおして練習をしてみてくださいね。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s