歌を歌うための筋トレ法

はっきりとした声を出すためには、腹筋の力も必要とされますが、それ以外にも背筋も鍛えておくことも重要です。
声を出すとき、お腹に力を入れることで大きな声を出すことはできるものの、このお腹の筋肉の働きを支える背筋が充分にないと、声も出にくくなります。

腹筋は鍛えているものの思ったように声が出ない方は、背筋に注目し鍛えてみるとよいでしょう。

背筋を鍛えるためには、うつぶせになったまま上半身を起こす運動を何度も続けて行うことにより、背筋の筋肉全体を効率的に鍛え上げることができます。
この方法は、今まで運動した経験があまりない方でも無理なく続けることができるでしょう。

ある程度体の筋力に自信がある方の場合、腕立て伏せの姿勢をしばらく保つトレーニングがお勧めです。

この方法では、背筋に加え腕の筋肉なども必要とされますので、腕の力をアップさせる効果もあります。
歌を歌う時、身振り手振りでその世界を表現したり、歌いながらダンスをされる方にはうってつけの方法になりますよ。

歌を歌うためには、腹筋と背筋を鍛える必要がありますが、下半身も同時に鍛えると、パワフルな声を出すことも可能になります。
下半身は一見すると発声に無関係のように思ってしまいますが、足腰がどっしりしていれば背筋をぴんと伸ばすことも安易になりますし、うまくお腹に力を入れられるようにもなるのです。

下半身を鍛えるためにはスクワットが効果的ですね。
スクワットを行う時には、足を肩幅程度に広げ、徐々に体を落としていきます。
この方法でトレーニングすることで、体全体を支える役目の太もももしっかりと鍛えることができるようになるのです。

スクワットを行う時には、足の筋肉だけではなく、お腹にも意識を集中するようにしましょう。
腰を落としていくとき、お腹に力を入れることで、腹筋も同時に鍛えることができます。
特に、筋トレを行う時間を省略したい方や、疲れているときなどは、短い時間で効率的に腹筋と足の筋肉を鍛えられますよ。

他にも声帯や首、舌の筋肉を鍛えるトレーニング方法も存在しています。
声帯や首の筋肉を鍛えれば、自在に喉を開いたり閉じたりすることもできますので、小さな声から大きな声まで幅広く出すことができますね。
また舌を鍛えれば、今までと比べてもはっきりと言葉を発音できるようにもなります。

このように、体全体の筋肉を鍛えることで声をスムーズに出すことができますので、声の幅を広げたいと思った時には鍛えてみるとよいでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s