ボイストレーニングとタングトリル

ボイストレーニングには、様々な歌を歌えるように、高い声を出すためのテクニックに特化してくる場合があります。
上手くなりたいと思ったら、テクニックも重要です。
高い声を出すためのボイストレーニング方法の一つである、タングトリルについてご紹介します。

タングトリルの特徴としては、口の周囲の筋肉や、声帯、首の辺りの筋肉を柔軟にし、余計な力を抜いてくれる効果があげられるでしょう。
タングトリルとは、一般的には巻き舌のことで、子供さんがよく遊んでルルルル〜と言いまくったりしているそのまんまの気楽さで、発声していくと効果的といわれています。タングトリルというボイストレーニング自体に、ストレッチのような効果があるようですが、うまく巻き舌ができないなら、舌、口の周辺、首の辺りをそっとストレッチして行うと、滑舌が良くなり、タングトリルの声も出やすくなります。

もっと具体的なやり方をご紹介しておきましょう。
まず、唇をすぼめ、「ウ」というときの形にしてみましょう。
次に、舌の先を上に向けます。そして、あまり巻き舌でしゃべった経験のない人には複雑かもしれませんが、舌を上側へと軽く巻いてみましょう。
ちょうど、舌先が腔内の上側に触っている感じになります。
その状態のまま、腹式呼吸で発声してみましょう。
腹から出る声が、腔内の舌を振動させるにまかせ、思い切って息をはいてしまいましょう。
巻き舌に合わせて、まずは「ル」「ラ」などの言葉による発声練習に絞っていくほうがやりやすく、高い音を出すためのタングトリルのボイストレーニングを成功させやすいでしょう。他の音は後から応用すればいいだけですので、「ル」「ラ」を中心とした言葉の組み合わせで、ひたすら練習を重ねるのがポイントです。やがて、きれいな一つの音にまとまってきます。

それでも、上手くいかないときは、立ち方、呼吸法のうちの腹式呼吸になっているか、をよく見直してみてください。舌を震わすのは、胸式呼吸によるはく息ではなく、腹式呼吸による深く長い息になっているかどうか、息を吸ったときにお腹が膨らんでいるかで確かめてみます。
次に、リラックスできているかどうか、硬くなっているために、口周辺がうまく振動していないのではないか、といったこともさりげなく確かめてみましょう。
それでなくとも、タングトリルは喉をリラックスさせてくれたり、余計な力を抜いてくれたりする効果があるといわれますので、歌唱力の向上や発声の上達が期待できます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s