腹式呼吸で叶える正しい発声

ボイストレーニングをすることによって、長く歌っても喉に負担をかけない良い発声方法を身に付けることが出来ます。
接客のお仕事をされている方など声を酷使される方にとって身に着けておいて損はない技術ですし、長時間声を使っても枯れにくくなったり喉を枯らす心配が軽減されたりと、嬉しいことがたくさんあります。
ボイストレーニングでは、呼吸の方法を覚えることや、声の響かせ方に注意を注ぐと良いでしょう。
胸式呼吸ではなく、ボイストレーニングで発声する際には腹式呼吸を用いましょう。
通常何も意識しない状態で息を吸うと、胸式呼吸になることが多いです。
胸式呼吸では肺で息を吸い込み取り入れるために、呼吸のたびに方が動くように見えます。
肩で息をする、といった表現があるように走った後など息が切れている場合には、肩が動いているのがわかりやすいです。
それと比較して、腹式呼吸では肩が動かずにお腹が動くことが特徴です。
腹式呼吸に自然となる場合といたしましては、寝ている間が挙げられます。
寝ていてリラックスした状態では、自然にお腹が上下しており、腹式呼吸になっています。
このことから、腹式呼吸の練習をする時には寝転がって仰向けになることがおすすめです。
呼吸に合わせてお腹が動いているのを確認するために、お腹の上に手を置くと実感しやすくなります。
腹式呼吸の練習を行なう時は、息を吐ききってから大きく吸うことがおすすめです。
最初のうちは目いっぱい空気を吸い込むよりも、八分目くらいの勢いで吸い、慣れると良いでしょう。
おへその下にある丹田を意識して、お腹に空気を入れるようなイメージで息を吸った時にお腹が膨らむことを感じ取ります。
腹式呼吸は、毎日続けることによって慣れてきますし、歌う時には意識せずとも出来るようになります。
息を10秒くらいかけて吸って、またもや10秒くらいかけて吐ききるトレーニングはおすすめです。
上達してくれば、10秒どころか20秒くらい息が続くようになるので、実際の歌唱においても非常に役に立ちます。
ロングトーンや息継ぎする箇所が少ない箇所を歌う時には、このトレーニングで培った肺活量と腹式呼吸の感覚を活用することが出来ます。
そして、歌を歌うにあたって、大切なことは声を響かせることです。
大きな声を出そうとすると、声を前に出したくなりますが、軟口蓋と呼ばれる部分にぶつけてあげましょう。
前歯の裏や、鼻腔を活用するなどすると、声を響かせやすくなります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s