裏声をボイストレーニングして歌を楽しみましょう

高音に苦手意識を感じられている方はとても多いです。
最近は男性アーティストでも、サビなどで特に高音が頻繁に使われているものが多く、カラオケではキーを下げないと歌えないといった経験もあるのではないでしょうか。
ボイストレーニングを始める前は、大半の人が高音を不得意としておりますが、日々のトレーニングによって美しい高音を発せるようになることが期待できます。
音楽を楽しく歌うにあたって、高音を綺麗に歌唱出来るといった技術は、出来れば身に着けておいた方が楽しいものです。
高音を綺麗に出す方法として、裏声を使うことが挙げられます。
裏声は、普段の会話や生活ではあまり使われない存在なので、最初のうちは声量が少なくか弱い声であることがほとんどです。
地声は普段の話し声などで良く使われているので、声量がたっぷりとあり、コントロールしやすいことが多いです。
ですが、高音を地声で無理して歌ってしまいますと、喉が締め付けられやすくなるので声帯のダメージに繋がりやすいとされています。
また、歌声を聴いている側からしても、残念ながらあまり聴き心地がよいものでは無いことが多く、裏声をトレーニングするのが最善の策です。
では、裏声のトレーニングの方法を紹介します。
「ほー」っという音で、高めの声を発してみましょう。
動物の鳴き声をイメージすると、出しやすいかもしれません。
この声は、ごく小さい声でも大丈夫です。
いつもの話し声などに使っている地声とは、違う感触の声をつかめましたら、裏声の成功です。
ただ、一度試しただけでは成功しないといった方がほとんどです。
裏声のポイントは、リラックスすることです。
一度、上半身の力を抜いて、腕をぶらぶらさせましょう。
首、肩、顎、そして喉。力を抜いた状態でもう一度チャレンジしてみます。
裏声の練習には、声量は要りません。
力まずに、鼻歌を歌うような軽さで声を出してみましょう。
あくまでも楽に、高音を出すことによって、裏声の取得に繋がります。
裏声は出せるようになったら、この感覚を忘れないことが大切です。
裏声が上達してきたら、本来持っている地声と交互に出すなどして、きちんと使い分けられているかをチェックしてみましょう。
練習を重ねていくうちに、裏声という存在は徐々に成長していきます。
最初はほんとうに細くて弱い声でも、安定した声量を見込めるようになるので、練習のしがいがある存在です。
裏声を使えるようになると、ぐっと歌える曲の範囲や音域が増えるので、歌うことがとても楽しくなります。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s