ボイストレーニングの前のトレーニング

皆さん歌がうまくなりたいと思ってボイストレーニングを始めるのですが、ちゃんとやっているのになかなかうまくならないという経験が少なからずあるのではないでしょうか。
それにはいくつか理由があります。
まずはボイストレーニングの効率が悪いこと。
これはせっかくボイストレーニングをしても効果が発揮されないようなやり方をしているからです。
そうは言っても「ちゃんと姿勢など注意してやってるけど?」と思う方もいるでしょうが、そういうことではないのです。
ボイストレーニングを始める前のことです。
皆さん、ボイストレーニングをしようと思ったとき、いきなり最初から声を出したり腹式呼吸の練習をしたりしているのではないですか?
そこが間違いなのです。
ボイストレーニングだけではなく、どんなことでも同じことが言えますが、まずはトレーニングする前にストレッチをして、身体と鍛えるところを温めてから練習に入りますよね?
ボイストレーニングも同じでストレッチをしてからでないと、いくら練習しても効率よく吸収できないのです。
では、具体的にどこをストレッチすればいいかですが、首と顔周り、そして関節、特に重要なのが股関節です。
首と顔周りはなんとなく声を出す時に重要なのが皆さんにもわかると思いますが、声を出すということに限れば関節のほうがはるかに重要です。
なぜかというと、関節(特に股関節)が固まってしまっていると横隔膜が下まで降りてこられないので、吸い込める空気の量が格段に少なくなってしまうのです。
すると、自ずと弱弱しく、力のない声しか出なくなってしまいます。
なので、ボイストレーニングをする前は時間をかけてストレッチしてからトレーニングに励みましょう。
ストレッチのやり方は体育の授業などでやられた方法でいいです。
首を左右に10回ずつ回して、顔の周りの筋肉を揉み解します。
股関節は立ったまま足を徐々に広げていって開脚したり、それが無理な人は座ったままやったり、座禅を組むように両方の足の裏を合わせた状態でヒザを手で押さえながら上体を前に傾けます。
これをボイストレーニングをする前と後にやってみましょう。
練習の効果が高まります。
ボイストレーニングをやるときだけではなく、風呂上りや寝起き時など日ごろから身体を柔らかくしておくのもいいでしょう。
緊張して無駄な力が入るのを防ぐ働きもあるので、歌う時に緊張して自分本来の力が発揮できないと悩んでいる方は特にストレッチはしたほうがいいでしょう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s