歌を上手く歌うコツとして音域を広げるという方法

歌を上手く歌うコツとして音域を広げるという方法があります。なぜ音域が広がるといいのかですが、高音域と低音域を使い分けることで表現の幅が広がっていくからですね。人間の耳は高音と低音を聞き分けるとき、脳でその音に対するイメージが作られます。それは経験に元づくイメージでもあります。つまり音の高低を聞くだけで、感情の琴線に触れるのです。一つの歌でも高音と低音が激しく入れ替わるような曲は、時に情感豊かであると表現されることをご存知だと思いますが、まさにそのことを言い表しています。自分でこの広い音域をカバーするためには、音の出ている状態を頭の中でイメージすることです。高い音を出している自分とその音、低い音を出しているときの自分とその音、自分が発声しようとしている音程を自分の声でイメージしてみましょう。最初は難しいので、自分がオペラ歌手にでもなったつもりでイメージしてみるとよいと思います。そうすれば次第にやればできるんじゃないか?と思えてきます。自分が歌い分けている姿をイメージができればしめたもの、それを具現化できるのが人間の想像力のすごさです。つまりあなたはそれを本当に行えるようになれるというわけです。自然と音域を広げるための身体の動かし方、歌い方ができるようになります。ただ問題は、自分が出したことがない声は想像の仕様がないというわけです。ですので一度、めいっぱい高い声や低い声を出してみましょう。金切声になっても構いません。音域の限界を見極めるのも重要だからです。一通り発声したらその声を耳の奥に届けておきます。それはやがてイメージとなり、それを実際に再現することができれば音域は広がっていきます。低い声は声帯が長い人の方が容易に出せるというのが学説としてありますが、一概には言えません。努力すれば低い声は出すことができます。低い声を出す際のイメージは、ブーイングです。ブーブーとサッカーなどの試合でサポーターが良く行っているブーイングをイメージして、思いきり低い声でブーーとドスを聞かせてみてください。それを行った後に低い声を出している自分をイメージしてみましょう。あくまで音域を広げるために行っていることなので、自分はどれだけ引き(高い)音が出せるのだろうと無理して追及しないでくださいね。喉を傷める原因になりますから。原曲に合わせて訓練する場合は、歌手の高音(低音)にムリに合わせないようにしましょう。あくまで音域を自分のモノにすることを優先してください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s