Monthly Archives: November 2011

歌がうまくなるためには好きな曲や歌いやすい曲でボイストレーニング

“歌がうまくなるためには、いろいろなトレーニング方法があります。
いわゆる、ボイストレーニングというものをしていく必要があるのです。
そのボイストレーニングですが、いくつかの方法があることは確かなのですが、
もっとも多くの方がやる気になってくれるのが、
好きな曲や好きなアーティストの曲で練習をするというものです。
そういったものを活用して練習していくということは大きなプラスを秘めています。
実際に、誰しも歌がうまくなりといと思うきっかけは、
好きな曲をしっかりと歌いたいということ方始まるのです。
ですので、初心者の方のボイストレーニングは、
好きなアーティストの好きな曲というものを利用していくことがお勧めです。

では、まずそのアーティストの特徴をつかむことから始めてみましょう。
何度もCDなどを聴いてみますと、いろいろと見えてくる部分があるはずです。
声量はどの程度なのかということも確認できます。
そして、ピッチの正確さというものも感じることができます。
他にも声質というものもあるでしょう。
アーティストによりまして、声質というものは本当に様々なものになっています。
他にも、リズム感の良さというものにも注目してみると良いでしょう。
どのような店舗で歌っているのかを知ることも歌がうまくなる第一歩です。
そして、声域の広さなども確認していくことが必要です。
どのくらい音程の上げ下げをしているのかもチェックしていくのです。

以上のようなものについてですが、
中には好きなアーティストがあまりに難しくて特徴的な歌い方をしてしまっていることもあります。
もともとハイトーンボイスの歌手もいます。
そういった場合には、自分の歌いやすいアーティストや歌いやすい曲を探していく方がよろしいです。
歌いやすい曲で練習をすると声もかなり出やすくなります。
基本的なボイストレーニングにはもってこいです。

そしてそれらの自分の練習する曲が決まりましたら、真似をしてみましょう。
歌い方や声質の真似でもよろしいです。
結果的に最初は自分のものにならなくて当たり前です。
まねて歌い方を覚える方がお勧めになります。

ただし、本当にすべてをまねていくとしましたら、CDだけでは足りません。
そのアーティストのライブDVDなどを確認してみるといいでしょう。
発声方法やブレスといったものを見ることもできます。
そして、テクニックや表現方法なども勉強になります。
自分が特に難しいと感じたところをアーティストがどのようにうたっているのかも確認できるのがDVDです。
見るということもボイストレーニングにつながってきます。

Advertisements

現在受けているボイストレーニング

友人8人と少人数の女声ヴォーカルアンサンブルのグループを組んで活動しています。それぞれ音楽大学で器楽を学んだメンバーですが、皆歌が好きで、自分たちの手で自分たちが歌いたいものに取り組もうというスタンスで8年前に結成しました。全員仕事を持っているため、練習は週一でしか集まれませんが、クラシックからポピュラーまで幅広いジャンルの楽曲に挑戦しています。当初はメンバーだけの練習でしたが、やはりレベルアップを目指したいという気持ちと、アンサンブルである以上、声を揃える必要があるという点から、2年前からプロの声楽家の方からボイストレーニングを受けています。同じ女性であり、また
歌う際の良い見本、悪い見本など非常に具体的に教えて下さるので、目からウロコの瞬間がよくあります。まず基本姿勢ですが、猫背はもちろん妙に胸を張りすぎるのもダメ。左右の足を少し開いた状態で一度つま先立ちし、そこから踵を下ろして立つ。その時に一番足の裏が安定すると思った時が最も良い姿勢になります。次に普通に息を吸い、それを長く吐き切る。これを5回ぐらい行います。呼吸法の腹式呼吸については、格別意識して練習することはありません。でも、腹式呼吸というのはお腹に限定されるものではなく、背中に両手を当てみるとよくわかりますが、息を吸った時にわき腹から背中にかけても膨らむのが感触として伝わります。いよいよ実際に声を出す練習ですが、最初は母音で。いつも先生に注意されるのは、声を出す瞬間によけいな操作をしないということ。確かになんとか良い声を出そうと変に構えたり、顎をひいてみたり、また反対に上げる感じにしてみたりと、自分としては意識していないのですが、無駄な動きをしてしまいます。また顎の力は常に抜く。力が入ってくると顎から頬に両手を添えて、力まないように確認しながら発声します。母音唱の次は濁音でza行、pa行など指示に沿って歌います。高音になるとどうしても喉に力が入って、響きのない声になってしまいます。またアルトに必要な低音は、高音以上に難しいかもしれません。私たちのグループも純粋なコントラアルトはいないため、低音が比較的出やすいメンバーがアルトパートを担ってくれていますが、曲によっては男声に近い音もあるため苦労しています。単に喉や胸でおしたような声はハーモニーを作るには絶対不向き、かえって壊すことになります。高音も低音もそれぞれ苦労はありますが、響きの豊かなきれいな声でハーモニーがきまった瞬間の喜び。その瞬間を体感するため、今後もボイストレーニングを続けていきたいと思います。

ボイストレーニング上達の基礎事項

自分の歌声は持って生まれたものだから、ボイストレーニングをしてもあまり効果がないかもしれない、と思っている方もいるかもしれませんが、トレーニングを続けていれば必ず上手くなります。人間の体というのは、鍛えれば鍛える程強くできていますから、腕の筋力や足の脚力と同じように、歌声も鍛えることによって確実に上手くなることができるのです。まずは自信を持って必ず上手くなる、強く思うことが上達の第一歩と言えます。
歌を上手く歌うのは、自分の地声を知ることが大切です。これはどういうことかと言うと、地声で歌うことが一番応用力のある、のびのびとした声となるカギだからです。えてして初心者は歌を歌う時には、普段の地声とは違った声で歌ってしまうものです。しかし、テレビに出ているプロの歌手は、普段の地声と歌っている時の声がほとんど変わっていないことが、はっきりと分かるはずです。プロの歌手は地声が一番、通る声で、応用力のある声だということを知っているからです。
また、歌を歌う姿勢もとても重要です。基本的に歌を歌う時は、自分が最もリラックスしている状態でなければなりません。どこかに余計な力が入ってしまうと、それが力みとなって歌声に現れますし、何より自身の喉を傷めることにもなりかねません。これもプロの歌手を見ていても分かることですが、プロの人達は誰一人として同じ姿勢で歌っている人はありません。それこそ千差万別の姿勢や動きをしているはずです。
これらはそのままその歌手の個性となって、聞き手に認識されるものですが、元はと言えばその姿勢こそがそれぞれの歌手にとって一番リラックスできる姿勢なのです。これは人によって様々に異なってきますから、一概にこれがいいと提示できる性質のものではありません。巷のボイステレーニングの本の中には、「これが正しい姿勢だ」といったおおげさな表現で解説してあるものもありますが、そもそも同じ歌手であっても歌う曲が違えば、歌う姿勢も変わってくるのです。万人に普遍の正しい姿勢などあるはずがありません。どういった姿勢が自分にとってリラックスできる姿勢なのか、それを試行錯誤しながら知ることも、ボイストレーニングの一環と言えます。
最後に、好きこそものの上手なれと言うことわざがあります。ボイストレーニングはカラオケで上手く歌いたいための手段であって、トレーニング自体が目的ではありません。何より歌を歌うことを楽しむことが、上達の最善の方法なのです。

今すぐできるボイストレーニングを始めよう

ボイストレーニングは、プロの方のような人がするような難しいものであると思っている方は多いのではないでしょうか。確かにプロの方もボイストレーニングは行っていますが、初心者向けのボイストレーニング、いわば基本となるようなトレーニングもあるのです。そこで、歌に自信のない方は、ボイストレーニングについて知ってみてはいかがでしょうか。基本を押さえておくだけでも、歌唱力は上がっていくのです。
どのようなボイストレーニングがあるのかというと、エッジボイスというものをまず最初に試してみてはいかがでしょうか。このエッジボイスというものは聞き覚えがないものかもしれませんが、これを行うことによって歌唱力をあ減ることができるのです。どのようなボイストレーニングかというと、きれいな裏声を出すための方法です。きれいな高音を出せるようになることによって、歌うことのできる歌が増えていくのです。どうするのかというと、わずかに口を開いた状態で低い音を出していくのです。声帯が閉じた状態で発声することによって、高温時に発生してしまう雑音、ノイズを除去することができるようになるのです。そして、当然きれいな高音が出るようになるということなのです。しかし、このエッジボイスをするうえで気を付けることがあります。それは、声帯を傷つけてしまうことになるかもしれないということです。十分な注意を払って、トレーニングを行っていくとよいでしょう。
もう一つ、高温を出していくうえで有効なボイストレーニングがあります。タングトリルといい、いわゆる巻き舌のことです。巻き舌がなぜ有効になってくるのかというと、口周りの筋肉から声帯付近の筋肉をほぐしてくれるという点にあるでしょう。このボイストレーニングをすることによって、高音が出しやすいように筋肉をほぐしてくれるようになるので、
自宅でできる簡単なボイストレーニングよして非常に有効なのです。他のボイストレーニングを始める前のストレッチとしても有効でしょう。
このようなボイストレーニングは、自宅で毎日、簡単にできるボイストレーニングなので、コツコツと上達していきましょう。また、このボイストレーニングをすると同時に、姿勢にも気を付けていきましょう。ちゃんとした姿勢で発声しなけれ。、こもった声での発声になってしまいます。
この基本となることを押さえて、確実に一歩一歩歌いなれてみてはいかがでしょうか。非常に簡単にすることができるのです。